もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    娘二人からライン・TELで「大丈夫・元気」と定期的に連絡が入る
    我が夫婦、肺に基礎疾患が有るので心配してくれています
    教員をしている娘から、学校関係者で基礎疾患がある人は休みを義務づけられるとか!

    不要不急の外出は控えています
    外出から帰れば、真っ先に消毒液を使って手の洗浄です

    DSC_1295
    消毒液は最後の1本に、マスクは上手に確保が出来ましたが残り100枚に
    消毒液同様に貴重品に!

    相方『かかりつけ医院』熱のある方は下記に電話してくださいと記してあります
    受付をしてもらえません

    熱が無く基礎疾患の受診者は見てもらえます、感染を防ぐ予防処置のようです
    お薬も2ヶ月分を処方していただけ感染リスクは軽減される

    小生は京大病院の呼吸器内科受診は5月までありません
    終息に進んでいることを願うばかりです

    • カテゴリ:
    鮎を始めた頃は自宅に持ち帰っていました
    川魚を好まない我が家、ご近所にお裾分けして喜んでもらっていたのです!

    ある日、釣りを終え囮店に戻りました
    鮎漁師の師匠はいつもの様に囮店に納入、他の漁師さんの釣果が少なく納入数量が不足らしい

    小生に師匠から声が掛かる、師匠の指導宜しく尻びれの傷も最小で引き取りの了解が囮店から出る
    京料理店に収める鮎は味はもとより姿も重要、美形な鮎が求められています

    大きな傷跡、特にお腹に傷跡がある鮎は引き取りから外されます
    加齢で老眼も進み逆針りが、傷口が深く?気を付けている昨今です
    1匹・1匹 チエックが入ります、引き取りを拒まれた鮎は翌日の囮につかいます

    京都の花街用に納められる鮎は小ぶりサイズです、16㎝級が求められる
    今日は小ぶりと頼まれると川の選定、場所の選定で頭を悩ませる大変な作業です

    初納入以後・今日まで直に頼まれることが無い限り、掛け鮎は現地で引き取って貰うようになりました
    掛け鮎は活し鮎での納めです、囮店に戻る迄はなんとしても活かして置かなければなりません

    若かりし時代は 険しい入川道も物ともせず、活かし缶の24ℓ を担いでの行き帰りも平気でした
    歳とともに20ℓ 、18ℓ に変わり現在は曳き舟での川への入川になったのです
    抗がん剤治療で著しく体力低下を感じたことも起因の一つになりました

    数年前から大型クーラーの使用を開始しました
    後部のスペースに大型クーラーを載せる、エアーポンプも圧力の大きいサイズを搭載しました
    掛けた鮎はクーラーボックスに移動させる、多くの鮎を活かすことが可能で曳き舟もすっぽり入ります
    DSC_1286
    元気な鮎を持って帰ってくることを念頭に、体力低下の補助も勘案しての設置でもあります
    クーラーなので真夏の室内の水温上昇も軽減できる、水温の上昇があれば氷の投入で解決できる
    エアーの送り込み、濾水の軽減等の改良を毎年重ねています

    市内には川魚屋があります、鮎釣り師が直接持っていく場合もあります
    料理店と直接取引していた釣り師もありました、高度成長期の1匹の値段は高額で納入されてたと
    18㎝級が800円を超していたとの話も聞きました

    値は鮎を始めた半世紀前の昔と全く変わらない値段です
    (長良川の様に大・中・小 各 Kg (乄・OK) の値段では無く,1匹(活魚)の値段です)
    DSC_0156
    新鮮な美味しい空気をお腹いっぱい吸い込み、元気を貰い、好きな鮎釣りに呆けて1日を楽しみ
    帰りにはお小遣いが貰える、こんな趣味は他には無いでしょう

    和食(日本料理)だけでなく、イタリアンレストランからの需要もあります
    新型コロナウィルスで観光客が激減の京都、追い打ちをかけるようにオリンピックの延期が確定
    国内外の観光客の激減で鮎の需要が減ることが懸念されるます、我らの出番も激減、困った事です

    昨日は最高のお天気でした

    終日自宅にこもっていました


    本日は朝から雨

    自宅の椿は落下盛んでメダカ用の火鉢に
    DSC_1290

    近隣の特別養護老人ホームの染井吉野です

    月曜日は2輪が顔を出していました

    今日の雨でも・元気に一挙に五分咲きに開花です

    DSC_1287

    DSC_1289

    釣友から前日、ラインで電話が入ってきました
    明日の午後からの予定を聞かれる、特に外出予定は無いと返事をした

    ピーンポンとチャイム 釣友のおでまし、おでましです
    玄関の戸を開けると手には可愛い袋をさげてのご来訪、なんじゃこりゃ可愛すぎる「おっちゃん」が

    箱を開けたらイチゴがたっぷりのデコレーションケーキ、可愛い2度目のびっくりです
    吾輩 4月の早々 誕生日じゃないか!早いがな!知ってたん!誰からの情報?
    病に勝った祝いに持参してくれた、気が利く人『鵜さん』です
    DSC_1283
    『鵜さん』中々の名手で『報知オーナーCUP』決勝ラウンドには幾度も参戦されてます
    若いですが吾輩の師匠の様な存在です
    ※上桂川・予選突破(2019年)
    DSC_0820
    午前中は
    春を感じながらの久しぶりの相棒と朝の歩きです
    『きぬかけの路』を立命館大学から仁和寺、妙心寺へとの約 4㎞でした
    仁和寺山内は既に有料拝観が始まっているので「パス」です、早朝の拝観無料時に行けますのでね

    立命館大学・体育館横に併設の人工芝の運動場でランニング、ストレッチ体操等で体力強化です
    常時開いていてラッキーな施設です、「人工芝」寝っ転がったら背中が温かく気持ちがいい!
    解禁に向けた体力強化、着々と進行中
    DSC_1282
    龍安寺の駐車場、吾輩と同じく春の陽気に誘われたか、観光客が戻っている、一時的か?
    気になる、近隣の府県ナンバーの車の多さが目を引くぞ!

    出生時からの重い持ち物 慢性腎炎(iga腎症) 、難聴にも襲われ15年前に身障者の認定が出ました
    身障者のステッカーを張っています、追い越し車も色々、あおる車も決して少なくない
    DSC_1279
    高齢に入り肺がん、大腸がんに見舞われ満身創痍の体に!
    慢性腎炎(iga腎症) 現在の主治医には30年間の長いお付き合いです
    良く言われることの一つに、持病に大きな手術を2回 の身体、「元気や」「長生き」するよと!

    癌を患ったとき『勝つ迄は・負けません』の心意気で6年間を過ごしてきました
    抗がん剤治療も克服、毛は白髪が進みましたが毛が抜け落ちる症状は出ませんでした

    肺がん・6 年半目、大腸がん・5年目 共に転移も無くお医者さんから無罪放免も出ています
    病に負けることなく打ち勝ちました『勝つ迄は・負けません』の達成です

    大腸がん切除の6ヶ月後にG杯予選に出場しました、1回戦は36匹掛けて勝ち上がり
    残念ながら決勝は駄目でした、2回も川を切り対岸に渡る重労働も克服する

    馬鹿な奴と思っていた人も有ったでしょう、体力回復を試す為の強行出場を決めたのです
    良く出来たねと自分自身を褒めたことが昨日のように思い出します

    昨今の新型コロナウィルスの感染予防には最新の注意を払っています
    無駄な外出が無い生活、外出後は手洗い、うがいは時間をかけて丁寧にの連れ合いとの約束事に!

    健常者と同等に生活を送ること、鮎釣りも可能と見込んで用品を新調しました
    病の状況では諦めざるをの思いでしたが、気を取り直しての決断です
    体力強化でウオーキングを継続しています、走ること、軽めのダッシュも取り入れて始ました

    半世紀以上の鮎とのお付き合いですが釣り技術の上達、進歩はありません下手の横好きです
    道具等は一人前に揃えています、師匠が「がまかつ」製品の愛好者で小生も引き継ぐことに!

    タイツ
    釣友がネットショップで買い求めてくれました
    GM 5809(ゴールド)です
    DSC_1103
    曳き船
    カタログ掲載品
    GM 9886 (ファイアーレッド)
    長居フィッシングセンターで超値引きの半額、良い買い物が出来ました

    DSC_1265
    鮎タモ(テクノ・メッシュ)
    GM 9953 (36㎝)にしました
    DSC_0752
    発注済のシューズの入荷はまだですが、全てが完了です
    残るは活鮎の運搬用のクーラーの手直しです、そして車を鮎車に仕立てるだけとなりました
    今年は早いぞ!
    頑張って川に入る回数も体と相談の事ですが、待ち遠しい今期の鮎釣りになりました

    伏見稲荷大社の『神輿渡御』中止の報がありました
    1945年(昭和20年) 終戦年以来の中止です)

    京都大学附属病院
    循環器内科・年に一度の 重要な検査なんです
    肺ガン/6年半・大腸ガン/5年 は転移なく受診免除で無罪放免
    春の健康管理検査・チェックは循環器科が春の最終検査になりました
    DSC_1271

    受診前に血液循環の検査「血液超音波」
    心臓から腎臓に送る左右の動脈に狭窄箇所があります

    狭窄は数年間は変化ありません、確認の為の健康維持には欠かせない大切な検査です
    大きくなればカテーテルの挿入が待っている

    検査室はPCに接続された器機、ベッドの薄暗い室内です、怖い
    腹部、左右脇腹を数回、息を吸ったり吐いたり止めたりの繰り返し、30分程の検査です

    検査目的 
      狭窄疑い、スクリーニング
    臨床診断
      腎硬化症

    主治医の予約時間10分前、確認を押して診療科受付付近でお待ち下さいの案内が院内専用機に入る
    診察遅延 30分 今日は幾分か早かった
    DSC_1274

    主治医と問診、血圧の確認
    血圧は毎日朝夕の測定を欠かさず行っていて携帯に記録、確認をして貰った

    手足のむくみ・腎臓の検査結果
    担当医の所見を伝えた・主治医も確認作業

    「血液超音波」の結果
      超音波所見   両側腎動脈起始部付近に加速血流を認める。 右/左≒2.77/1.88m/s
              両側腎内区域動脈はRI値やや高めの印象
      超音波診断   両側腎動脈起始部狭窄疑い; 右/左≒2.77/1.88/s 
      所 見     2019とと比較して狭窄に変化が見られず
    DSC_1278

    お墨付きが出たぞ・今年も元気で鮎釣りできる、釣友にも元気な姿で再会や!
    大会は? 神輿も?

    検査予約時間に合わせ病院駐車場に
    館内入口には「新型コロナウイルス」感染予防の為、入院患者の面会謝絶の案内が明示されてます

    強風注意報が出ていた昨日、午後から強硬に!
    『きぬかけの路』のウオーキングコースに出かけてきました

    水道管の新旧交換作業が進められている、昨秋からの
    大きな工事なんです
    騒音は聞こえないのですが工事車両の駐車も多い、大型車両の駐車も邪魔になる
    断水もアリーノ、
    車の出し入れも困難な今日この頃でイライラが溜まる一方じゃ

    気晴らしに久しぶりの歩きです、体力強化にもならん距離でしたが
    歩行数は6.791歩  約 4.5 ㎞、途中・雨と時雨と風に襲われて退散です

    新型コロナウィルスの影響でしょう、平日にしても超異状

    中国・韓国の言葉は聞かれず、欧米の人が少しか、観光客は日本人がほとんどです
    『きぬかけの路』車両は少ない、人はもっと少ない 寂しい !
    DSC_1259
    世界遺産・仁和寺
        駐車場の車、手を折って数えても片手で済む程の駐車数
     山門前の人を見ても、少人数の日本人観光客です

    DSC_1262
    境内は桜・もみじ・松 等の植樹で一段と綺麗に整備されてきました
     植樹から2週間ほどがたっています

    DSC_1260
    気候の変化も日替わり、着るものも日替りで桜の気分もよくわかる!
    仁和寺の「染井吉野」
     開花にはもう少しの時間が必要です

    DSC_1232
    仁和寺の「御室桜」
     遅咲きの八重桜・蕾はかたし、まだまだ

    DSC_1244
    神輿会のメンバーに出会いました
    4月5日 神輿会のお手伝い『わら天神』神輿巡行が中止と伝えられました

    晴天・少し肌寒い朝を迎えました(15日)
    久しぶりにご先祖さんとのご対面に出かけました

    大本山妙心寺の塔頭寺院に菩提寺があります
    春・秋にはお彼岸の法要が行われます、お彼岸会には大勢の檀家さんが集まられます
    DSC_1254
    ご案内をいただいておりました「彼岸会」が新型コロナウィルスの感染予防で春分の日(21日)の
    お彼岸会が中止になりました

    一足早くお墓参りと掃除に出かけてきました
    お参りには思ったよりたくさんの方がお見えになっていました

    三寒四温・ひと雨ごとに気温も上昇、春らしい気候に!
    木々、花も一直線で春本場に向かっています

    妙心寺山内・塔頭寺院・自宅の木々も目覚め一歩一歩元気に、春本番を向かえようとしていまいす
       「フキノトウ」は大きくなって
    DSC_1258
       「ツクシ」数は少ないが!
       DSC_1255          
      「ボケの花」は満開に
    DSC_1238
      「沈丁花」は 昨年挿し木・一輪の花をつけました
    DSC_1239
      「雪  柳」は多くの蕾もつけています
    DSC_1236

    清水寺・青龍会   静かな門前 厄よけ願い
    境内・門前町を練る 青龍会 が新型コロナウィルス感染拡大を受け静に一帯を勇壮に竜が駆け巡ったと
    ※京都新聞より
    DSC_1249
    京都では神社仏閣が新型コロナウィルスの早期終息を願う行事が行われています
    『祈りの花』心癒し
    華道家元 池坊は池坊会館での展示が始まったと
    ※京都新聞より
    DSC_1252
    京都駅・新型コロナウィルスで人は少なく活気がありませんでした
    特に海外からの旅行者は以前に比べて激減です
    DSC_1242
    京都駅より北方面(自宅)への市バス26号系統、乗車は5人です
    新型コロナウィルス発生以前は、北野天満宮・金閣寺への外国人旅行者で満席でした
    龍安寺・仁和寺方面への乗車の人も皆無です
    DSC_0103
    清水・三年坂もひっそり
    日曜日なら大勢の観光客で埋め尽くされる石段
    政府の外出自粛要請で日本人の姿も少なくなった、こんなに迄少なくなったのは過去にはないと

    嵐山方面もあの手・この手で観光客誘致に懸命ですが集客は伸びません
    春一番のこの時期の売り上げ、お土産の販売業者も困惑しています
    DSC_1202
    桜の開花予想も20日頃
    京都の観光地は何れも人が少なく、静寂な京都を楽しめますよ
    おいでやす・お待ちしてまっせ・・今が旬でっせ!

    • カテゴリ:
    長居フィッシング・鮎待ちセール
    オープン開始前の『特価品』の電話予約が13日・10時から始まった

    携帯・固定電話 へは番号を登録、発信準備完了
    テレビで時刻と睨めっこ、10時の時報に合わせてプッシュON

    皆さんと同じ思いか!一発目から携帯・固定電話 、いずれも通じません
    古い電話も大活躍でしたが
    DSC_1247
    何度も繰り返す、時間にして15.6分、話し中が続く
    諦めようとしたその時です、携帯に反応が有りようやく通じたのです、

    やったー!、胸は若き頃の初恋の様、ドキドキ・ウキウキ
    長~い長~い時間を待った気分でした

    現行品特価は在庫のみの表示 (半額品)『泣く泣くの決断です』とハガキに!
    おそらく通じた時間帯からは残っていたとはラッキーな事です 
    (がまかつ 鮎舟ジャイロジェット GM 9866 赤色)

    恒例の鮎待ちセール、楽しみで出かけていましたが新型コロナウィルスで事情が変わりました
    発送可の表示が有り、本年は現行特価品のみで別品は涙を飲むことにしました

    • カテゴリ:
    恒例の鮎待ちセールの案内が届いていました
    格安セールでお買い得商品わんさか、購入品を決めて開催日を心待ちにしていたのです
    DSC_1241
    鈎・ライン・ウエアー・小物は・レジでさらに20%OFFなんです
    竿も半額品が出品されています
    1582718989898
    セールを楽しみに待っていましたが
    鮎待ちセール 『緊急告知!』が届きました
    1583815208341

    またまたや!

    新型コロナウイルスで店舗内が混雑すること間違いないの判断でしょう
    特価品の販売を電話予約に切り替えると
    (13日より先着順で受付します) 店舗は通常通り営業します)

    釣友と来店して品定め、たのしみの時間も剥奪ではありませんか?
    発送では味気ない買い物に!残念です

    京都の神社では春・秋に各神社の『お神輿の巡行』が数多く行われます
            (下記・写真) 2019年秋・住吉大伴神社のお神輿(氏神さん)
    DSC_1056
    小生所属の神輿会より春の奉仕予定が届きました
    昨年の秋・淀の與杼神社が最後でした、5ヶ月ぶりのご奉仕が始まろうとしています

    4月5日の『わら天神』が春の始まりになります
    DSC_1231
    お神輿巡行
    巡行日の当日『お御霊』を厳かな儀式で神社よりお神輿にお移り頂き「氏子中」の巡行です
    無病息災、五穀豊穣を祈願されての大事な行事なのです、渡御の重要な役目を神輿会が担う

    神社にお参り時、手を合わせられますね、お神輿の渡御では手を合わせる人は数少ない残念です
    手を合わせる人は高齢の人がほとんどです、担ぎ手(我ら)の広報活動も必要の様相と思います

    今般・新型コロナウイルスの感染予防対策の一環として、一時期迄ご奉仕の中止報告を受けました
    無病息災を『お神輿渡御』で払拭出来ませんかね? 残念ですが無理ですよね
    小生には肺に持病があります、高齢でもあり春季の奉仕は遠慮することにしました

    新型コロナウイルスの影響で日常品、食料品に影響が出てる
    市場から「マスク」「消毒液」が姿を消した

    デマの拡散で「ティシュペーパー」「トイレットペーパー」の紙製品が続いて姿を消す
    そんな中 次に「お米」がおまえもか、コロナウイルスか?

    スーパーマーケット
    お米の売り場・品種、量が少ないと感じてた
    入荷量が減っているのかと思っていた、娘からも情報が運ばれた

    学校が休校の処置で給食が、 子供が自宅で賢くお留守番の状況が続く
    自宅での昼食の必要が出てきた、市民の買いで米も品薄状態か?
    即席ラーメン・お水も品薄状態が出てきたとか
    コロナウイルスの終息を願うばかりです

    此処は爺・婆の出番、お節介が始まった
    買い付けは爺さん、会計はお判りでしょう
    白米30㎏を各々に、早々の手配をした、大嘗祭でも使われた京都産の美味しいお米です
    DSC_1223
    自宅用にも10㎏を1袋
    美味しいお米で食欲旺盛、体重増加が気にかかります
    DSC_1220

    新型コロナウイルスによる肺炎が拡大・食料品・日用品までも影響が出ている
    SNS等でティッシュペーパー・トイレットペーパーが不足するとの情報発信があったようです

    東京在住の娘2人からティッシュペーパー、トイレットペーパーが不足と、京都は有るのと
    スーパーマーケット・医薬品販売店・ホームセンター等で買いだめが始まってるらしい
    取り置きがあと少しになってきたと困惑を伝えてきた

    京都では先月末の26日にはティッシュペーパー・トイレットペーパーを購入してきた
    不足どころか山ほど積まれていた、何処のお店も不足の気配はありませんでした
    DSC_1219
    スーパーマーケット・医薬品販売店・ホームセンター等を回るがかごは空っぽ状態です
    張り紙が添付してある「完 売」と
    入荷予定は未定と数軒を回りましたが同様の張り紙がしてあります
    DSC_1215
    〇〇用品店の店先にティッシュペーパーが3箱並んでいたのを発見2箱をゲットする
    店主、夕方にはトイレットペーパーの入荷がと親切に教えてくれた

    夕方再訪問したが本日入荷はないとの返事、ティッシュペーパー3箱がまたもや店先に並んでた
    値段を聞くと朝より値段が高くなっている、足元を見ての吊り上げじゃねえかよ?
    トイレットペーパーの値段も高額の値札が付くかもね?こまったもんです

    報道では国内生産で影響はないとの事、冷静な個々の対応が必要ですよね
    差し迫っている娘・孫たち、食料品も同送で荷物の準備をして送ります

    本日もホームセンターの「ティッシュペーパー・トイレットペーパー」の販売チラシが入っていた
    開店時刻前に足を運ぶが長蛇の列、待ち時間での感染を憂慮して諦め帰ってきました

    小・中・高校が3日よりの臨時休校も始まった
    親御さんが昼食の準備ができない事態も起こりうる、子供でもできる即席品が品薄状態
    特に即席ラーメンに影響がでている、スーパーマーケットでも空の棚がありました

    新型コロナウイルスによる新型肺炎で自粛モードが列島を駆け巡る
    買いだめも始まる、マスクに始まり昨今ではトイレットペーパーが困った事

    自然界は脈々と春本番に、各地から2週間は早い開花の梅、既に満開の場所が多くなっているようです
    早咲きの彼岸桜が早くも満開、何時もなら3月中旬の開花です
    左右のソメイヨシノは蕾は未だかたい
    DSC_1213
    我が家にも一足早く桜咲くの一報が届きました
    2番目の娘の長女、21日に受験、本日・受験発表の日でした、昨日から地に足付かず夜も寝付けず
    朝からの連絡を待ちました

    相方にラインが入るたびに誰からやと聞きただす
    都立には孫4人目の挑戦・継続合格です
    卒業式が如何に、入学式はと心配の爺・婆です

    合格おめでとうのラインを早々発信、京都に来たいようですが新型・・・・で躊躇しています
    お祝いに出かけたいのですが我ら二人には肺に持病があります、長旅は出来ません
    我慢、我慢です

    • カテゴリ:
    主催者から
    今回のセミナーの延期連絡が来ました

    3月15日迄の目安で政府
    新型『コロナウイルス』による肺炎
    拡大防止に向けた行事自粛要請

    早速、釣友と参加の申し込みをしていました
    一連の報道から小生も肺の持病があり、参加を躊躇していたのです
    中止ではなく延期、次回の予定日時を楽しみに待ちたいと願っています



    上桂川陸封アユセミナー
    期 日      2月 29日(土)13時(3時間)
    会 場      右京区役所・京北出張所  参加料・無料
    申込み・問合せ  1月31日~2月27日

    ※京都いつでもコール(催し名・氏名・ふりがな・☎・同伴人数)先着順
    上桂川漁業協同組合からも申し込み可能です

    開催者から
    今回セミナーを開くことになったのです

    是非 今から時間を調整して セミナーに参加してください
    驚く映像を見ながら 夢を語ろうではありませんか!
    DSC_1208

    北陸新幹線
    東京から大阪までの整備新幹線です
    金沢迄は2015年3月に開業しています

    金沢からの延伸
    敦賀(福井)迄125 ㎞ は 2022年度末に完成・開業目指し工事が進行中です

    敦賀からの延伸は同じく福井県「小浜市」を経由して南下する予定です
    ②ルートです、京都からは松井山手回りで大阪へ
    「北陸新幹線 延伸」の画像検索結果
    京都市内は地下の予定だとの記述もあります
    大切な水を必要とする伏見の酒蔵が集中している場所は回避、水脈が途切れると銘酒の製造が心配です

    小浜を南下をすると京都府南丹市美山町の通過は免れません
    京都大学の芦生演習林には数多くの貴重な植物が自生しています、国定公園の自然破壊も心配されます
    猛禽類の3月7月の2回の営巣調査も必要です

    南丹市・美山町在住者の話しでは、今期より地質調査が始まる予定との事です

    小浜市からは大飯町名田庄迄は田園、過ぎると京都市内までは山間部の連続でトンネルが必要!
    大きな川が2ヶ所あります 由良川の源流「美山川」桂川の源流「上桂川」トンネル化は無理でしょう
    架橋が必要です!

    釣り人が楽しく過ごせる開発を願うばかりです
    耳川・南川への影響が無いことも望みたい、吾輩の主戦場でもあります

    京都市内も掘れば各所で遺跡の出土が考えられます、出れば調査が必要になります
    全線開通には、長期の時間が必要でしょう!

    千利休等の茶人たちに愛された花としても有名です
    侘助椿です

    椿と茶木の雑種です
    古くから茶花として好まれています、侘(ワビ)寂(サビ)のある花の姿からこの名前が付いたらしい
    『侘助よ花の心は静寂か』の句もあります

    世界遺産「龍安寺」にも侘助椿の古木があります(紅侘助のようです)
    3月上旬~4月上旬に開花です
    桃山時代「侘助」という人物が朝鮮から持ち帰ったことで、このように名付けられたの記述があります
    秀吉によって賞賛されたと伝えられており、日本最古とも言われています

    侘助には下記の種類があるようです
    初雁(昭和侘助)  淡い桃色の花  一重のラッパ咲き
    白侘助       花は白色 小さく   一重のラッパ咲き
    紅侘助       鮮やかな赤色     一重咲き
    数寄屋侘助                  淡い桃色の花        猪口咲きの小輪
    太郎冠者侘助              ピンク                   猪口咲きの中輪
    胡蝶侘助

    我が家の紅侘助、毎年数多くの蕾を付けてくれています
    秋に蕾の剪定を行い、大きな花が開花する様な工夫もしています

    日に日に大きくなっていく蕾、開花を今か今かと待ちわびていました
    本日一番花が開花しました
    DSC_1210
    2番花も明日には開花でしょう
    DSC_1212
    蕾はたくさんあります、毎日が楽しみです
    花蜜を狙って、「メジロ」の夫婦が早くもやってきています
    花弁事口にする厄介者のヒヨドリもお出ましの事でしょう

    新型コロナウイルスの影響が観光に大きく響いている
    吾輩の居住地区、世界遺産の観光地も海外からの旅行者が激減です

    市民生活は平常に戻り地域住民にとっては嬉しい悲鳴ですが
    逆に観光業の土産物店等は悲惨な状況、窮地に追い込まれ死活問題との声も聞こえる

    龍安寺の駐車場、観光バスの駐車は1台、自家用車も数台でした
    仁和寺の大きな駐車場も自家用車が数台、閑古鳥が鳴いてます
    DSC_1164
    嵯峨・嵐山方面は如何なものかと足を延ばしてきました
    先ずはJR嵯峨野線・嵯峨駅
    北口を上がり2階の改札口、通路には人が居ません南口の小窓から嵐山方面を見てびっくりです
    歩くことすら不便を感じていた南口の道路はまばらな人、トロッコ列車は休みその影響か?
    DSC_1176
    南口を出ずに北廻りで清凉寺、二尊院、駐車場に車は無し
    人もいないぞ、落柿舎もまばらな人出です

    トロッコ列車の嵐山駅からは登り坂体力温存だ、ペースを緩める大河内山荘はパス
    竹林の小径を下る、以前なら足の踏み場も無い混雑、写真を納めるのもままならずの竹林でした
    今日はゆっくり、ゆったりと竹林の散策を楽しめました
    DSC_1187

    縁結び、子宝安産の神様「野々宮神社」
    ご利益を授かる人でお参りに以前は30分以上の時間待ちの列ができていました
    昨今は待ち時間が無くスムーズにお参りが出来ます
    DSC_1190

    竹林の小径を出た南北の通り、道路いっぱいの通行人を車が遠慮して走行していましたが
    今は皆無です
    DSC_1202

    欧米諸国、東南アジアの人と思われる観光客が中心でした

    天龍寺も観光バスは3台、自家用車は5,60台は入っていましたがゆったりと見られました
    DSC_1192
    大堰川の舟遊びボート、和船も岸に繋がれています
    DSC_1194
    渡月橋の南行・北行の混雑もありません
    人力車も着物姿の若者がほとんどの様でした、日本人の学生さんと思われる方が楽しく笑顔で乗っておられました、卒業の小旅行ですかね?
    DSC_1198

    DSC_1199
    観光名所・京都どこもかもスイスイですよ
    3月1日~22日迄・京都御所の一般公開が始まります
    8日迄は今日の冬の旅で各所の寺社で一般公開が行われています
    京都の観光は今でしょ・お勧めです

    • カテゴリ:
    年が明けても雪がありません
    渓流の解禁、2月に開いた福井県「南川」の谷筋にも雪はありません
    サビは無いようです、魚体の大きいのは望めていないようです

    稚鮎の遡上がチラホラ報告されています、暖冬で早まっているようです
    解禁日には大きく育って釣り人を喜ばしてくれると嬉しいですね?

    年明けより急ピッチで掛け針を巻き始めました
    手巻きで作業には時間がかかります、一歩一歩、の前身で多くが完成しました
    気に入った針が底をつき釣友に、その他いろいろ含めて依頼をお願いしていたのです

    フィッシングショーが終わり、鮎モードが本格化してきたようです
    ネットショップでも鮎用品が数多く出品される様に、賢く購入出来ました
    DSC_1171
    エアーポンプ
    昨年 2泊3日 の遠征を企て釣果をクーラーボックスで活かしていたのです
    翌朝、囮を取り出そうと蓋を開けてびっくりでした、全滅「シマッタ・やちっまたぜ!」

    20㎝クラスが24匹は入っていたのです、活かし缶(18㍑)では小さいと思い車載クーラーに
    移したのです(活かし用・移動用)

    クーラーの大きさは十分ですがエアーが足らなかった事での全滅で大損でした
    今期は業務用で容量の大きいエアーポンプの導入をと思い探してもらっていた品が入ったのです

    追加購入の針も急ピッチで仕上げにかかっています
    道糸・鼻環廻り等の各種作業も終盤に入り、万全を期す体制で完成品が出来上がりつつあり
    お医者さんからは『体のお墨付き』も貰い、解禁が待ち遠しい年になりそうです

    このページのトップヘ