ひと抱えでも足りません幹回り、葉は長く
20Cm程はあり垂れ下がっています

今まで見かける事は有りません、種類はわかりません

開いた物、半開き等々の松笠、今にも落ちそうな奴らが数えきれない程枝に付いている

風の強い早朝のウォーキング中に運良く落ちているのに遭遇、持ち帰る事がありました

昨年の台風で近辺は樹木の被害が甚大でした
建物に倒壊の恐れある樹木の伐採の情報を入手、松の木も計画に入っていたのです

伐採期日を確認、伐採の時間に現場には大型クレーン車が出動、上部の枝からチエンソー
で切り落とされる

伐採の切り口です
長年の風雪に耐え抜いて来た古木です
DSC_0406

係員に松笠の件を事前に依頼しておいたので枝から外し確保をしてくれた、3袋に満杯70個は有りそう

友人の依頼でもあり彼も来てくれた、喜んで持ち帰った、細工を加え飾り物を作るとか!

吾が輩も持ち帰った、飾り用に何処かに?
笠の1枚1枚に針があり危ない松笠です
※普通の松笠と比べても格段に大型です
DSC_0394

一部にカビが発生、全部が完全に開くと良いのですがね!
DSC_0390