令和元年・春季最後の神輿のお手伝いです、秋まで暫らくお休みに入ります
鮎釣り解禁・個人的な理由ではありません

「愛宕神社」「野々宮神社」北嵯峨、嵐山地区の守り神さんです 御神輿二基共に御旅所に飾られ、巡幸をイマカイマカと待ち受けています DSC_0714
神事後、ホイットホイットと掛け声勇ましく拝殿を回り、
鉾の音を先頭に巡幸の始まりです、  嵯峨の有名寺院「二尊院」等の地域を御神輿は練り歩く
9fd2cf1e93fa900866e45690f9c51f76-e1464051763734
最初の御旅所・鳥居本(船井邸)で休憩と 接待を受けました
鳥居本の御旅所は小生の祖母の実家でもあります、田植えの真っ最中で会えませんでした
幸いにも別の又従兄弟二人には会えた、久しぶりの話もできた
DSC_0718
鳥居本の御旅所を出て曼荼羅橋の「寂聴邸」を通過、お神輿は東、南、北えを繰り返し大覚寺に到着
お昼タイムです、小生には量が多く食べきれるか心配でしたが頑張って完食です
京都は34℃ 熱中症が心配でしたがビールやお茶で水分補給は完璧でした
DSC_0726
お月見の夜や、蓮の花が咲く頃の大沢の池は絶景で観光の人で賑わいます
残念ながら蓮には少し早いようでした
DSC_0727
お昼タイムも済ませてお神輿はJR嵯峨駅前、天竜寺、嵐山・渡月橋を渡り中之島公園と向かいます
道中各所では「ホイット・ホイット」の掛け声勇ましく足の蹴り上げを合わせ見事な巡行です
DSC_0725
渡月橋では観光客も多く危険を伴うので渡月橋を渡るや否や、担ぎ手は休むことなく代わるがわる
「ホイット・ホイット」の掛け声、足を蹴り上げて鳴かんも鳴りっぱなしで天竜寺前まで頑張りました
愛宕神社・野々宮神社 揃って、最高ですね
DSC_0733 
DSC_0739
神社に帰還前の清滝道でも最後の踏ん張りのお神輿です
京都のお神輿は八坂神社の祇園祭を除き暫らく小生も休みで「鮎」に専念です
DSC_0740