解禁日から出撃することなく初川となった美山川
鮎はいるが小さく群が多いらしい
畳二畳程の群れが上え下えと移動する事も有るとか、群に当たれば?

引き水で条件は良さそう、組合前から安野橋・岩吹堰堤、高松橋に釣り人なし
やっと野田橋上流に一人暫らく見ていたが掛りなし、大滝堰堤上に2台の車
 
人は見えず

大滝堰堤上流、車が数台人も数人府道より確認できず
人気のかやぶきの里下、GS前には誰一人竿をです人ありません
南大橋も無し、放流量も多く人気の釣場(かやぶきの里)からは見えません

ひまわり囮店に釣り仲間が数人、中潜没橋ここも人気の釣り場です
朝から1匹、2匹と嘆いている
群が黒くなって移動する姿が確認できるが、かかる様子はありません

養殖囮を2匹を持って上流部が良いとの知人情報で田歌を目指し移動、途中月回しは2人、黒田大橋には数台の車と人、下流に3人 上流に4人右岸の石は良く磨かれている
皆さんが狙ってるのは右岸、筋は真ん中のくぼみ、良いのが付いていた

上流に向かって上江和には7台の車、川幅広く水が少なくやれるのかなの思い、
人がいる事は掛かってるのじゃろ、突の木橋は釣人無し、新祗園橋4人、
田歌大橋2人,水量計、田歌舎まで上がるが釣り人いません

唯一、鮎が見え腹を返し、追いを確認できた野口場所に入った
準備万端、川を見渡すと腹を返す鮎を見つけ囮をそっと送り込みました
即座に15cm級が針に乗って取り込めたさい先が良すぎる、何ぼ掛かるのか?
1時間半それっ切り・それっ切りもうそっれきりと歌のようでした

出て生きたのは幾度もなく小生の横、後、前と6匹のカルガモの子供ちゃんです
親から逸れたのか一度も父ちゃん,母ちゃんは来ません

今にも捕まえられるような近くまで寄ってきます、可愛いやっちゃぁ
写真を数枚撮りましたが何れも4匹しか撮れてません
※拡大してください、鮎も可愛いやつでした
DSC_0786
大内橋に移動・何時もの漁師が数人獲れそうもないが入ってみるが3匹の貧果
カルガモの様な可愛いやっちゃ
4時半に美山を断念、安曇川に90Kのドライブになりました

翌日朽木に入川です
安曇川・朽木は日券しかありません奮発しました

安曇川荘に数年ぶり、忘れられていると思ったが母ちゃん覚えていてくれた
一目で分かったようです、嬉しいことが今日も朝早々に起こりました

事情で川に入ったのは10時を回っていました

高水で3日程が釣り人が入っていない「秘密の花園」に挑戦
先人が一人います、幸いなことに狙い目が違ってたラッキーな1日出来るか

高水で二日ほど人が入っていないさらばの情報
瀬ではちびっこが、おまけが付いてくる根がかりや浮き石が多い、石の間にもごみが挟まっている悩まされた、瀬でのダブル放流がない仕掛けも終日使えた

上流の瀬までの70m程の深場大きい石がゴロゴロ点在、右岸側の駆け上がりも垢が残る芯の大石も狙え全てで掛かる気配がする

瀬を早めに退散、狙い目の「秘密の花園」に入る
昼頃過ぎに吹いていた風も弱くなり晴れ、最高の友釣り日和になりました

16時頃に止めようかと竿を納め始めたのですが鮎の動きが活発に腹を返した
再度挑戦、正解で数を伸ばすことが出来ました
型も良くなってきた 14cm~18cmを21匹ゲットしました上出来じゃぁ
※写真が上手く撮れません
DSC_0789