お盆の殺生明け、台風や低気圧で雨が続き川には近づけずムズムズの日々でした
体は長らく休養出来、体調は万全です
大腸ガンの4年半目の検査も無事通過

24日から27日迄、網の解禁迄の日を
ホーム河川の京都・美山川で楽しんで来ました

上桂川の網が解禁になりました、釣り師が美山川にどっと入り込んできました
大型も出ているので人気河川です

DSC_0839

天気も良し、増水からの引き水2日目
最高のコンディション

初日は昼からの出陣、近場で群れ君狙い美山CAPでの嫌な思いが脳裏をかすめる
岩盤の割れに沿って深い筋が、良く磨かれてる狙い目か、群れが入るのをじっくり待つ作戦が効をさすか?

大当たり掛かるたびに群れは散るが暫くするとお帰り、そんな群れが食む場所が数ヶ所
囮も付いて移動、そのたびにポロポロと大型を掛けてツヌケに後1つの釣果です

2日目
釣友の「鵜さん」と合流
昨日の場所に再度挑戦するが2匹はゲットするが、昨日の様に群が見えない、
終日で2匹、へたくそを改めて知った

夜・寒く長袖を羽織った、水温も一気に20度に下がり鮎も動かないのかなぁ?
鵜さんも上下流を隈なく攻略してたがツ抜けがやっとの釣果でした

昼からは地元のクラブ「MFT」の大会
名手揃い、上林君「ひまわり囮店主」、報知覇者・大隅君、報知ベスト 4 等々が
クラブメンバーの有名クラブです

優勝は自分家の庭のような場所、誰もがそうやが込み20匹で断トツ、上林君「ひまわり囮店主」
2位は8匹・大隅君、夜には豪華な宴会が待っていました

3日目
吾輩に3時迄に5匹の鮎が必要とプレッシャーをかけられる
橋の上から覗き込むと岩盤に大物が数匹、グリと腹を反す姿を見届けていた

・・・橋の攻略を決定
未だ未だ水は20Cmと高いか?ラッキーポイントかと期待する

岩盤攻略は後にして、先ず大きな石裏に囮を手元から泳がす、頭・左右・頭と
何回も何回も繰り返す我慢比べでした

小一時間かかってやっと囮が変わり次ぎも同場所で、群れが入って来たか?
岩盤でも3匹追わす事が出来ました、高切れで数が伸びない困ったぞ

橋の上手も攻略、根がかり放流もありで手元には1匹しか残らず計4匹、未だ1匹足りません
大型が魅力の場所を昼で諦める、次も大型が期待できる場所に移動した昼食も食べず、目一杯
凄く頑張り5匹は確保できました、疲れたぞ 22㎝級を9匹でした

DSC_0835

4日目
朝から囮の販売のお手伝い
30年振りに友釣りを再開される鮎師の方をアドバイスする先生で12時まで川に
釣果もあった様で大成功ですね

レジスターの開け方もわからず、お釣りは吾輩の財布から、四苦八苦の半日でした
午後から2匹のみ雨に打たれ寒くて納竿を早めました