もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    2018年05月

    • カテゴリ:
    ホームグラウンド美山川が呼んでいます
    午後から3日振りの予定をしていました

    出掛けようとしたその時、突然の豪雨に見舞われる暫く様子をみるが止みそうな気配が無い

    持病もあり風邪で肺炎に、はい「異国行き」が怖い
    今日は中止にした
    DSC_0149

    DSC_0145

    火鉢のメダカもオチビチャンがたくさん孵ってる
    水が溢れて流される
    DSC_0148

    女房の親父が93歳で描いた鮎の絵、解禁が近づくと
    毎年飾っています、長生きの99歳8ヶ月で亡くなったのですが親父さんを偲んで色紙の鮎を楽しみました
    新緑・鮎
    DSC_0147

    • カテゴリ:
    車も車中泊用にセットアップも完了
    貴重品、竿等を積めば即出発出来る体制です
    DSC_0137


    美山川解禁26日(土)でした
    場所取りに25日の午後に現地に入りました

    途中の主だった場所は既に車で満杯、早い人は23日からの場所確保とか!

    午後からの現地入りで半ば諦めの胸中でした
    吾が輩は昨年と同じ場所を選択、不人気かがら空きで数名分をタフロープで仕切り確保できました
    DSC_0097

    解禁日・仲間4人が早朝に到着、吾が輩は4時半起床
    気温12℃、冬の様な厚着の寒さ対策の身支度です

    5時には心踊らせ川入りました、気温と同じく川の水の冷たさもすっ飛ぶ心いきでもありました

    寒さと水温の低さが相まって水中バレ、空中バレが続く、天然に替わるが小型(14cm級)囮にはなるが
    全て小さい11時には竿を仕舞い、本日終了とした
    解禁日でもありツヌケは出来た20匹

    情報は入るがどこも小型が主流、場所替りも困難とかではあるが釣友は移動する

    ひまわり囮に帰還
    早朝に大変な事案が発生していました

    ひまわり囮店下、潜没橋下流右岸側で数名で竿を出されていた59才が心筋梗塞で亡くなられたのです

    ある釣りクラブの方で存じてる人でびっくりです
    持病持ちの吾が輩、健康管理は欠かしませんが無理の無い鮎釣りを楽しみたく思います

    2日目
    午前中のとある場所ちびっこ2匹
    午後・場所替りする7匹、再度場所替り9匹
    どこも小型が中心、
    放流開始から1ヶ月、大きくなるにはまだまだ時間が必要ですね

    3日目
    朝・組合近辺に入りました
    鮎は川の一面に踏む程、釣り人の心も知らすに自由気ままにあっちに行ったり、こっちにきたりと泳いでいますが針にはのりません小型2匹

    昼食後昨日7匹掛けた場所に16時迄頑張りました
    当たりの場所でした

    入れたとたん17cmが背掛かりでした、石も荒く
    石色も磨かれていい奴が腹を返すのが見えます

    解禁3日目でやっと友釣りらしき鮎に出合えました
    18匹で楽しく過ごせました




    美山でも中々手に入りにくい品です

    よく残っていたものです、何人かが場所を知ってい

    て早い者勝ちです、葉山椒は吾が輩めも場所は知っ

    てるのですが実山椒は!

    鮎の仲間がそんな貴重品を届けてくれました

    DSC_0144

    準備万端・解禁をまつばかりですが!
    ゴールデンウィーク明けあたりからどうもおかしい

    朝・床から立ち上がろうとするが目がくるくる
    暫くすると戻ります

    何なん、この症状今まで経験がない
    熱中症なら2回経験したが、また違うぞ

    女房に話しをするとメニエールやでと言う
    2.3日様子を見た、同じ症状が続きお医者さんに
    薬を処方して貰うがまだ続く

    たまらず専門医に出向く難聴で年2回の受診に通う京都大学附属病院の耳鼻科(めまい)に、当日再受診
    幸運にも1番目です
    DSC_0130

    簡易聴力検査気導純音聴力検査
    平衡機能検査
    頭位お呼び頭位変換眼振検査
    赤外線CCDカメラ等の結果

    軽いメニエール症状
    疲労、ストレス等が要因と考えられる、突発的な症状で特に心配する事も無いですとの所見、良かった

    処方するお薬で介抱に向かうでしょうと
    解禁日には間に合うのお墨付きを貰った

    ストレスに弱い人だったんだと再認識です、人は見かけにと言いますが、そのとうりの吾が輩です


    • カテゴリ:
    美山川
    川の下見、数回足を運び(めぼし)をつけてはいます
    石が綺麗に磨かれてる所も有りますが、内緒

    鮎散らばらず、お友達が沢山集まり行動を共にしています

    雨も数回降りはしましたが、独り立ちする様な雨は無し、困りますなぁ

    解禁日、昔と変わらず鮎師のお祭りですね
    早い人は前々日から場所取りに、夜は仲間が

    川原で宴会、酒の魚に鮎談義等々、明日の解禁日の大量釣果を夢に車中泊
    吾が輩酒駄目、輪の最終迄は体力持たず途中退場

    今年は解禁日はヤバそうだ
    どうも「メニエール病」の気配が濃厚

    めまい、歩行が左側に寄って行く、倒れはせんが
    川の中では怖い

    遊漁証も買い求めたのに
    DSC_0123

    仕掛けや針は用意万端
    ブーツのソールも替わった、後は鮎車に車内改造するだけ、今年は体と相談しながら楽しむ事です
    DSC_0122

    このページのトップヘ