もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

もりじぃの鮎友釣りⅡ イメージ画像

2018年07月

7月・最後の大安吉日 事を運ぶ時の初日、大安日に始めるのが慣習 夫婦の門出、結婚式は大安をと縁起を担ぐ 女房の納車、大安日の今日に決めた 松尾大社でお祓いを授受しました 娘が車を乗り換えた その時女房が納車、お祓いに高尾山に出掛けた 帰京後、私も車
『大安吉日・祝い事「新車の納車日」』の画像

日にちが替わり深夜の2時頃、熟睡中に起こされる 風に雨、激しい風雨も難聴で耳に入らず 東と北から激しい雨☔️で雨戸が激しく叩かれる、 風で家が揺れる、雨漏りのチェック、無しで安心 朝一、被害は無いか確認しました、大屋根に設置のテレビのアンテナあっちゃ向
『最高に美味い・秘伝のレシピ』の画像

冷凍庫はコアユで満杯 それなのに・それなのに女房がコアユが足らんぞと 其ならばと夕方目指して川に行く 日焼けは困ると眼だけを出す身仕度、足袋は鮎用品 川切りはロープを使って、大変・大変 鮎は踏む程居る、踏んでスッテンコロリが有るやも 黒色は皆鮎でっ
『コアユの飴炊き・秘伝のレシピを!』の画像

病気持ちの身体、平年並みの暑さなら気に止む事ない 今年の猛暑続きの異常気象、健康者にも我慢の限度を超える体温オーバーの日々 猛暑の鮎釣り大会、体が持つか心配のたね 異常が有れば止めれば良い、そんな思いで参加する 日刊スポーツ「月桂冠杯」 安曇川朽木で
『体との戦い・四時間』の画像

最高気温38℃の京都 勝ち上がった18名 猛暑の様な2時間の激戦に挑みました 試合開始早々アクシデント、大事な大会に! 漁協組合長、飛んで来てストップかけた 鮎のつかみ取りの為の作業とかで「ユンボ」が! 決戦範囲の最上流、赤濁りがじわじわと下流に 我が輩
『マスターズ関西予選・決勝』の画像

↑このページのトップヘ