もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    2019年03月

    京 都 御 所 特 別 公 開
    寒暖の差が大きく、晴天も有れば、雨降り、強風と大変な会期でした
    DSC_0318

    天皇陛下、国賓が来られた際にのみ使用される格式高い、南の正面「建礼門」が開門です
    DSC_0319

    皇居の特別公開は毎日多くの人で長蛇の列が
    待ち時間も有ったと聞きました

    京都御所でも長蛇の列と待ち時間を想定、30分程の距離ですが早めの時間にわが家を出る

    早めが効を奏したか長蛇の列、待ち時間無くスムーズに宜秋門から入場出来ました

    案内の掲示に従い順序良く拝見してきました
    先ずはお車寄せには、立派に豪華に春のはなが生けられ目を楽しませていただきました
    DSC_0322

    新お車寄せには牛車の展示が
    DSC_0326

    月華門、承明門には歴代天皇陛下の諸儀式のお写真が掲示されています
    DSC_0327

    DSC_0329

    承明門から南庭、紫宸殿を望む
    DSC_0330

    春興殿
    大正天皇の即位の礼に際し、神鏡を奉安して儀式を行うため、皇居の賢所に準じて建てら
    れたと、昭和天皇の即位の礼でも使用された

    老朽化で現在修復が行われています
    DSC_0331

    語学門所(お人形で)
    独立した御殿で御読者始や和歌の会などが
    行われた
    DSC_0339

    今回特別に朝賀図が紹介されました
    天皇の御座がある室内に「朝賀図」と題された雅やかな障壁画に彩られている画の紹介
    DSC_0344

    御退位の諸準備も執りなく行われていることが報道されています

    「期日奉告の儀」が皇居・賢所でおこなわれ歴代天皇に自らが退位をすることを報告する儀もおえられましたと

    初代天皇「神武天皇」陵に参拝、退位報告に
    京都、奈良にお出掛けされます

    新天皇、新年号迄はあと少しの時間です
    吾が輩めも3年号の時代を知る強かな奴になりますか!

    相方との買物帰り、芸能人と思われる人と
    スタッフが駐車場から現れた、誰かわからん一度自宅に

    春のお彼岸前に、お墓の掃除に出かける時
    又々遭遇、車から「まどか」さんと声をかけた

    花の家を紹介しょうかと、車から降りてきてとで、家の住人が出て来てくれ「くんちゃん」を

    小生の住まいの近辺の色々な話をしました
    特に神社、御輿の事を、くんちゃんは総代さん、吾が輩は御輿の担ぎ手と、ちっちゃな「御輿ダコ」も恥ずかしながら触らせたぞ

    くんちゃん家は以前にも取材があって「となりの人間国宝」さんを貰っていた

    今回も「となりの人間国宝」の取材の様であった

    月~金の10時~11時15分の関西テレビの人気番組よ~いドン!の「となりの人間国宝」さんの取材中でカメラもまわってました

    有名人に出会って何か良いことが有るように願いますか
    DSC_0357

    滋賀県では琵琶湖開きが
    黄金の鍵が投げ入れられ観光シーズンのはじまりです

    京都では保津川トロッコ列車、保津川下りの営業が再開されました

    鮎釣りの名川、上桂川で渓流魚の「アマゴ」釣りが解禁され100匹の釣果の情報も!

    寒さ暑さも彼岸迄と言いますが、冬眠から目覚めて春の足音が間近に聞こえています

    自宅のボケの「蕾」も大きく膨らみ、今にも開花の準備が出来てる
    DSC_0300

    紫陽花は緑の素晴らしい葉を出しました、花が付けば嬉しいなぁ
    DSC_0296

    ロウバイは満開近しです
    DSC_0292

    9月の21号台風、京都を直撃しました
    我が家の屋根の一部、その他雨漏り等で天井も遣られました

    押し迫った年末に屋根の修復は完了しましたがやっと2月の半ばに全ての修復は終わりました

    近場の竜安寺、仁和寺、双ヶ丘の山々は修復には
    未々時間を要する悲惨な現状です

    わが輩のウォーキングコースの双ヶ丘の木々がなぎ倒されています、頂上に向かう通路は倒木全てが通行止めです
    DSC_0261

    国指定の名勝「双ヶ岡」昭和16年11月に指定
    ✳特別歴史的風土保在地区にも指定さるてます
    DSC_0260

    双ヶ丘は1の丘、2の丘、3の丘の3つの丘て構成されています

    1の丘の頂上に古墳時代後期(6世紀後半~7世紀初頭の豪族首長墓と見られる古墳(直径44m)があります海抜は116mです

    1の丘と2の丘鞍部分及び3の丘周辺には群衆墳もあります、1の丘古墳と同時期の古墳の様です

    我が家の中学生時代、1の丘古墳に穴が空き古墳内に毎日探検家気取りで潜入していました、綺麗な水晶も出ていました

    業者さんが入って倒木等の作業をされていますが時間が掛かりそうです
    集められた倒木等
    DSC_0264

    鳥類もたくさん生息していますが本年はジョウビタキ、ツグミ等の冬の渡り鳥が少なく感じています

    このページのトップヘ