もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    わからないことがあったらgoogle検索で

    2019年05月

    令和元年・春季最後の神輿のお手伝いです、秋まで暫らくお休みに入ります
    鮎釣り解禁・個人的な理由ではありません

    「愛宕神社」「野々宮神社」北嵯峨、嵐山地区の守り神さんです 御神輿二基共に御旅所に飾られ、巡幸をイマカイマカと待ち受けています DSC_0714
    神事後、ホイットホイットと掛け声勇ましく拝殿を回り、
    鉾の音を先頭に巡幸の始まりです、  嵯峨の有名寺院「二尊院」等の地域を御神輿は練り歩く
    9fd2cf1e93fa900866e45690f9c51f76-e1464051763734
    最初の御旅所・鳥居本(船井邸)で休憩と 接待を受けました
    鳥居本の御旅所は小生の祖母の実家でもあります、田植えの真っ最中で会えませんでした
    幸いにも別の又従兄弟二人には会えた、久しぶりの話もできた
    DSC_0718
    鳥居本の御旅所を出て曼荼羅橋の「寂聴邸」を通過、お神輿は東、南、北えを繰り返し大覚寺に到着
    お昼タイムです、小生には量が多く食べきれるか心配でしたが頑張って完食です
    京都は34℃ 熱中症が心配でしたがビールやお茶で水分補給は完璧でした
    DSC_0726
    お月見の夜や、蓮の花が咲く頃の大沢の池は絶景で観光の人で賑わいます
    残念ながら蓮には少し早いようでした
    DSC_0727
    お昼タイムも済ませてお神輿はJR嵯峨駅前、天竜寺、嵐山・渡月橋を渡り中之島公園と向かいます
    道中各所では「ホイット・ホイット」の掛け声勇ましく足の蹴り上げを合わせ見事な巡行です
    DSC_0725
    渡月橋では観光客も多く危険を伴うので渡月橋を渡るや否や、担ぎ手は休むことなく代わるがわる
    「ホイット・ホイット」の掛け声、足を蹴り上げて鳴かんも鳴りっぱなしで天竜寺前まで頑張りました
    愛宕神社・野々宮神社 揃って、最高ですね
    DSC_0733 
    DSC_0739
    神社に帰還前の清滝道でも最後の踏ん張りのお神輿です
    京都のお神輿は八坂神社の祇園祭を除き暫らく小生も休みで「鮎」に専念です
    DSC_0740






    • カテゴリ:
    試し釣りが行われました
    各所で理事二人が五匹を釣れば終了の予定で行われました

     ※時間を間違い立ち合いに間に合いませんでした

    調査場所
    黒田橋 中潜没橋 安野橋 大丸 松ヶ丘 丸山の6ケ所です

    各所で短時間にかかり次々と移動となったようです
    大きさは 13 CM ~16 CM
    ※ 生育は順調のようです

    全川で良い釣果が期待出来そう
    解禁日が楽しみだと漁協関係者の言葉が出てました

    川は群れ鮎の姿が多くみられます
    水量が少なく雨が降って鮎が散らばる様な一雨を期待したいですね
    地元のある人が解禁日に7.80匹の釣果の人が多く出るかもと予測してました

    とある場所の写真です、いまっせ 16CM級が
    DSC_0745
    DSC_0748
    皆さん場所取りは止めましょう

    • カテゴリ:
    安曇川・広瀬、申し込み期限 23日でした、関係者からの参加要請で年甲斐も無く 抽選漏れ覚悟で釣具店に申込みをお願いしました
    店主・未だ出まんのと嫌み言葉が、最年長でっしゃろと

    抽選漏れが無かった事が直ぐにわかる、分厚い封書が届く、ハサミを入れて内容を
    DSC_0750

    数年前に1度抽選漏れを味わった
    近場なら参加、遠方なら不参加と決めてた、今回は近場でホームグランドの様な川で利用度も多く参加を決めました

    たも網も購入の発注を出していた同日に予選参加の案内が届き何か因縁を感ずる日になった様に思います
    DSC_0752

    肺ガンも術後6年を迎え、主治医からは年2回の定期健診も放免になりました
    嬉しい令和元年です、頑張ろう‼️

    忘れません、2013年10月10日16時
    京都大学附属病院で右肺・下葉を切除

    その後は抗がん剤の投与もなく、主治医の指示通り生活を送ってきました

    運動不足は禁物、ウオーキングを始める最初は三千歩・約2キロメートルで息が切れどうなるかとの思いでした

    寒い中も頑張りました
    年を越し歩数、当然距離も大きく延びる迄に筋力も付いて来たのです

    春の季節には心がうきうき、病も忘れ
    稚魚放流に参加出来る迄に回復です

    小生のもうひとつの楽しみ、御神輿の
    担ぎ手も参加出来きる様になりました

    今月は5年6ヶ月目の検診に出かける
    いつもの様に検体検査・胸部レントゲンを済ませ医師の面談でした

    執刀医は移動で担当医が変わっています
    事前に執刀医S氏から連絡があり

    術後3年目からは年2回の定期受診は
    欠かす事はなく結果にも異常所見無し

    検査項目のCEAも毎回2.4 と基準値未満が続いている、今日をもって受診終了を告げられた

    事実上の完治宣言と受け取った
    病院からの大文字も見えにくかった

    診察室から出た時の大文字は新緑と相まって綺麗に喜んでくれている様に見えた
    DSC_0705

    心配していただいた方々には感謝です
    大きな応援も力になりました
    ありがとうございました

    大腸ガンも術後4年、検査結果には異常無く推移しています

    修学旅行で孫が来訪
    ラインの利用で予定表が届いた
    1558250034390

    時間に合わせて「世界遺産・竜安寺の
    バス停で待ちました
    DSC_0689

    市バス59号系統予定時間を8分過ぎて
    待ちに待ったバスがやって来た
    DSC_0690

    バスからたくさんの観光客、修学旅行生が降りて来る、孫が嬉しくはにかんだ顔を見せひと安心です
    DSC_0691

    修学旅行の楽しみを邪魔しないように
    数分の再開を楽しみました

    地元では見たことがないカエルに遭遇
    吾輩も初めての「モリアオガエル」の
    デッカイ奴です
    DSC_0697

    次の訪問先「二条城」に向かうバスを
    待ちましたが満員で乗車出来ず次のバス待ち別れの時が来ました

    バスの中の孫とは夏休み迄
    お別れです
    DSC_0699

    このページのトップヘ