もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    2019年06月

    • カテゴリ:
    深夜に困った雨が悪戯をしました
    安曇川、最上流の葛川と支流が数ヶ所あります

    濁りの発生源は上記の川からのようです
    水量が増す雨で15cmは水位が上がりました

    今日の天気は晴れで終日良好とやらで車を出しました
    道中各所を見て行きましたが、増水を感じる水ではないように思ったが
    谷口囮店には6時過ぎに到着、同じ思いの釣り師がお早い出勤で準備中

    釣果の状況を聞く、相変わらず場所ムラで釣り師を悩ましている様やと
    広瀬の各所に留まっていたウグイ、濁り増水で下り出す情報も有りいのと
    友釣りの邪魔をし困らす、40cmはゆうにある大型ばかりで厄介です

    着替えを済ませ、友を2匹キープして出動です
    早くから人で満杯、足場の良い人気の場所は

    過日車をスタックさせた場所に向かう
    河原には下りず川岸の土手に車を

    釣り場の下流方向を見るが豆粒の様にちっちゃな人影が釣り場
    距離は500mは、足で稼がなしゃないか遠いぞ
    釣り場迄は要所要所を探りながら釣りさがったが釣果ゼロ

    思いの釣り場までは一時間程を要したか
    幸先の良い大型2連発、今日は行けると思った次の瞬間
    聞いてはいた厄介な奴が、ひったくった様な当たりでは無い
    鮎の口掛かりの様な当たり、竿を立てた途端に我がもの顔の様に川を走り回る

    一度ではないウグイ14発(連続では無い)
    糸と鮎さんを引き連れての6回も遣られた
    鮎の数が増えない、困ったこっちゃ

    持参してた仕掛けも底をつく
    昼もそこそこに頑張ったが持ち帰った鮎は8匹と最悪
    ウグイが出たら掛け針は黒が良いとか光物はアウトのようだぞ


    • カテゴリ:
    解禁日の前日から現地に居ました
    寒い・寒い夜です、初春のアマゴ釣りの様な冬服が必要な気温です

    釣り場確保の解禁前日は大変な作業です、解禁前の下見でコレゾト言う場所の確保です
    夜は初川の思いを頭に描き、中々寝眠れず朝の訪れが今か今かと、朝は「鵜」より早く川に
    入ります まだ夜が明けない4時です、一晩も寝ずの人も居られるようです
    DSC_0763
    待ちに待った解禁日でしたが朝から雨、風で体感温度は冬並み 吾輩月初めから風邪の病み上がり
    手足は痺れ体もブルブル最悪な状況でした
    DSC_0765
    昨夜からの雨で10Cmは水は増え、水温も下がっています 上の急瀨から瀨、瀨落ち、開きと
    続く場所に陣取った、朝一番水に手を入れる外より暖かい状況、

    6時頃迄は掛からず 1人が掛かりだすと近場に陣取った布陣にも波及しだす,  寒さ時間も忘れての
    一心不乱で没頭ですが雨と風には勝てず早期の退散でしたが 最高の解禁日になりました
    DSC_0764

    竿・G社(吾輩用改造) 7.8m
    ミチイト・N   0.125     N  0.15    針 G社 全 6.5号   O社 先掛 6.5号 7号
    釣果 28匹 型 15~19cm 少し冷水で気にかかる 黄色い2本線がくっきりのソ上天然鮎

    仲間も吾輩をはるかにオーバーの釣果を持ち帰ってきた最高は53匹です
    谷口氏の中学1年生37匹の釣果、何時も遣られっぱなしです

    減水で琵琶湖に戻れずウグイの住処に当たり、切られっぱなしで困惑状態の場所も有ったようだ
    場所ムラが多い解禁日でした

    二日目
    解禁日の場所が居残りが多いとの判断で同場所に入りました
    昨日よりは天候も回復傾向にはありましたが、寒い日で初日と変わりはありませんでした
    風が治まり、少々楽な竿さばきが出来ました,解禁日の当たり場所、正解でした
    DSC_0770
    竿・G社  9m 
    ミチイト・   N  0.175  針 G社 全 6.5号   O社 先掛 6.5号 7号
    釣果 24匹 型 15~21cm 
    昨日後半より型が良くなり竿は硬めに道糸もランクを上げました

    三日目
    夜に雨、朝からも小雨です、風がなく幸いです
    三日目も解禁日、二日目の場所に決めていました、釣果の情報が伝わり朝一番8時段階で満員
    止む無く釣果情報で数が出ていた場所にむかいました

    我々の仲間三人だけの独断場、吾輩が出すや否やでガッツンと20cmが、幸先よしその後3匹
    雨も降ったり止んだり雷さんも鳴りだす始末、水嵩も増えてくる鮎君も天候に合わせたように
    掛りが悪くなり早めの帰還に
    DSC_0769
    竿・G社  9m 
    ミチイト・   N  0.175  針 G社 全 6.5号   O社 先掛 6.5号 7号
    釣果 10匹 型 17~21cm 

    帰還の川岸から農道に繋がる上り道は難なく上った、前は泥濘でヤバいと思うが迂回路が無く
    強行突破を図ったがスタック、前後に全く動けず谷口氏に救援を頼む、有難い谷口氏の要請で
    仲間が大勢救援に来てもらった、嬉しいことです,

    泥濘の車の下に潜り顔、服を泥まみれに牽引フックにロープを頭の下がる思いでした
    何もできない不甲斐なさに改めて考えさせられました

    四駆車も3台、その中の一番でかい車にけん引され脱出出来ました
    谷口囮店に戻って車の天井まで泥を被った我が愛車、洗浄までしてもらった
    感謝感謝の何物でもありません
    お世話をかけた方々に有難うと御座いましたと申し上げます

    • カテゴリ:

    【解禁日・体調不良でお休みしました】の続きを読む

    このページのトップヘ