もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    わからないことがあったらgoogle検索で

    2019年08月

    • カテゴリ:
    和歌山の釣り師Nさんにお願いしました
    修理の名門「チャンス」での修理です

    翌日Nさんから早々の連絡を頂戴しました
    チャンスの返事は8本は堪忍して欲しいと

    Nさんからのアドバイス等も頭に入れ試行錯誤の繰り返しをしました
    短竿で軽量、細身、硬めの選択肢で決めようと決断する
    gamakatのSさんにも℡を入れて現物の有無も確認です

    最終的には釣友で谷口氏『朽木・囮店』に出向き種々の話をしました
    年配者の釣りには短めで風にも対応、初期から終盤まで使用できる軽い竿

    吾輩と同意見です、アドバイスを加味して最終決断です
    gamakatu  ダンシングスペシャル H 8・1 に決めました

    gamakatu・販売店に早々の入荷要請を依頼です
    釣具店からgamakatuの手持ちを発送しますと返事がきた

    全長 8.1m  調子 H  自重 210ℊ  元径 22mm  モーメント 50.3
    テクノチタントップ替穂先付属付 

    保険会社からも購買予定竿の金額入金(全損保証)がありました
    入荷の知らせも届きお迎えに行ってきました
    以前のようなたいそうな竿ケースではなくシンプル形態です

    DSC_0843

    DSC_0845
    明日にでも試しの釣りが出来たらいいのですが、近々の豪雨で入川出来る所は無いでしょう
    来週後半の楽しみになりますか?

    • カテゴリ:
    ラインで情報が飛び込む、昨日寄ってたかって今日の予定場所が荒らされた
    雨も昨夜からしとしとと、時には屋根を叩く大きな音の雨が降った

    今日の出漁は中止に決めた
    美山川は京都市内と同じく昨夜から雨、近朝は豪雨が襲ったようで1mの増水
    釣りにはならずの状況

    河鹿荘に設置のカメラがとらえてました
    下の増水写真

    DSC_0842
    カメラの位置が少し変わりひまわり囮店が見ずらい(向かって左手)
    川に下りる階段か?

    26日・掛かってた親、囮で使ってたら、腹にサビが現れるようになってきた
    この雨では下がりはしないだろうが、益々色のつく鮎が掛かりだすか、そんな季節到来

    携帯をOffにしてたが「エリアメール」が入る
    同じ右京区ですが30Kは離れてる京北町・山国・上黒田地区に避難準備勧告が

    /
    京都上桂川・美山川 網の解禁が速い
    主に湖産が中心の稚魚放流、産卵が速いためでもあるような?

    美山川は友釣り専用区が残るが上桂川はありません
    残念です、もう少し楽しませて欲しいなあ

    日本海側の川に遠征か?主に福井県に、時間と労力が?

    • カテゴリ:
    お盆の殺生明け、台風や低気圧で雨が続き川には近づけずムズムズの日々でした
    体は長らく休養出来、体調は万全です
    大腸ガンの4年半目の検査も無事通過

    24日から27日迄、網の解禁迄の日を
    ホーム河川の京都・美山川で楽しんで来ました

    上桂川の網が解禁になりました、釣り師が美山川にどっと入り込んできました
    大型も出ているので人気河川です

    DSC_0839

    天気も良し、増水からの引き水2日目
    最高のコンディション

    初日は昼からの出陣、近場で群れ君狙い美山CAPでの嫌な思いが脳裏をかすめる
    岩盤の割れに沿って深い筋が、良く磨かれてる狙い目か、群れが入るのをじっくり待つ作戦が効をさすか?

    大当たり掛かるたびに群れは散るが暫くするとお帰り、そんな群れが食む場所が数ヶ所
    囮も付いて移動、そのたびにポロポロと大型を掛けてツヌケに後1つの釣果です

    2日目
    釣友の「鵜さん」と合流
    昨日の場所に再度挑戦するが2匹はゲットするが、昨日の様に群が見えない、
    終日で2匹、へたくそを改めて知った

    夜・寒く長袖を羽織った、水温も一気に20度に下がり鮎も動かないのかなぁ?
    鵜さんも上下流を隈なく攻略してたがツ抜けがやっとの釣果でした

    昼からは地元のクラブ「MFT」の大会
    名手揃い、上林君「ひまわり囮店主」、報知覇者・大隅君、報知ベスト 4 等々が
    クラブメンバーの有名クラブです

    優勝は自分家の庭のような場所、誰もがそうやが込み20匹で断トツ、上林君「ひまわり囮店主」
    2位は8匹・大隅君、夜には豪華な宴会が待っていました

    3日目
    吾輩に3時迄に5匹の鮎が必要とプレッシャーをかけられる
    橋の上から覗き込むと岩盤に大物が数匹、グリと腹を反す姿を見届けていた

    ・・・橋の攻略を決定
    未だ未だ水は20Cmと高いか?ラッキーポイントかと期待する

    岩盤攻略は後にして、先ず大きな石裏に囮を手元から泳がす、頭・左右・頭と
    何回も何回も繰り返す我慢比べでした

    小一時間かかってやっと囮が変わり次ぎも同場所で、群れが入って来たか?
    岩盤でも3匹追わす事が出来ました、高切れで数が伸びない困ったぞ

    橋の上手も攻略、根がかり放流もありで手元には1匹しか残らず計4匹、未だ1匹足りません
    大型が魅力の場所を昼で諦める、次も大型が期待できる場所に移動した昼食も食べず、目一杯
    凄く頑張り5匹は確保できました、疲れたぞ 22㎝級を9匹でした

    DSC_0835

    4日目
    朝から囮の販売のお手伝い
    30年振りに友釣りを再開される鮎師の方をアドバイスする先生で12時まで川に
    釣果もあった様で大成功ですね

    レジスターの開け方もわからず、お釣りは吾輩の財布から、四苦八苦の半日でした
    午後から2匹のみ雨に打たれ寒くて納竿を早めました




    • カテゴリ:
    孫一家の帰省・無事に送り出しも出来ました
    「五山の送り火」でお盆の殺生御法度も開けました
    子供たちのお楽しみ地蔵盆も終り、鮎釣りの再開です

    ホームグランドの美山川
    月末に友専用区を残し全川網が解禁になります、猶予が無い頑張らな何日入れるか?
    今年は今までにない大型が全川で上がっています

    台風10号の心配もありましたが思ったより濁り、水の引きも早くコンデション良好です
    土、日で引水目当ての鮎師が大勢駆け付け、解禁日並みの場所もあったようです
    毎日の様に夕立が水位も毎日増えたり減ったり水温も上がり下がり激しい

    久しぶりの美山川 たったの7日目、ひまわり囮店店主に忘れられまっせの皮肉
    解禁当初は掛からず小型が主流で避けてました、終盤になって大半が大型で楽しめる

    つき鮎は背係りが多い、掛りは速いが数が?、やはり群鮎狙いで釣果も増える

    DSC_0821
    ほとんどが20㎝オーバー、時には26㎝が取り込みが大変、囮が変わらなければ次は無い?
    囮次第で釣果も伸びる

    DSC_0834

    DSC_0827
    水温が高い日は30度ある、囮もしんどいようで色も変わり気の毒に弱りもはやい
    道糸も大型に備え太めの仕掛け糸を使うが?
    そんな日に挑戦でしたが釣果は上がらず、高切れ連発の寂しい美山川でした

    増水前、河原の大きな石の上に雨合羽を置いてきたとT氏から夜に電話
    ひまわり囮店に電話を入れるが出ない、朝も早いか床に就いたのか?

    泊で出向いていたY氏に連絡、事情を説明
    次の朝一に増水を切り対岸から回収、早々連絡を貰えたT氏へも連絡を済ます
    Sメーカーの高いやっちゃ、本人も大喜びひまわり囮店の竿にぶら下がってた

    小生・臨済宗妙心寺派「大本山 妙心寺」本山・門前町の育ちです
    塔頭寺院の住職には同級生、先輩、後輩の顔見知りが在籍しています

    8月は佛月・お盆行事の始まりです
    最初の行事は和尚さんの檀家廻りです、檀家数が多いお寺さんは毎日大変ですね?

    毎年8月の4,5日頃、和尚さんが自宅の仏壇にお参りに来られます
    仏壇のお供え物も、お盆用の物をお供えします

    大本山では:9・10日の2日間「お精霊迎え」の行事が行われます
    霊を自宅の仏壇にお迎えをする行事です


    DSC_0799

    名を塔婆に書き込み、法堂で和尚さんに読み上げてもらいます、鐘撞堂で迎え鐘を打てば、御霊は自宅の仏壇にお入りになられます


    鐘撞堂周辺は露店が出ます、子供たちの楽しみの二日間でもありました
    現在は縮小され残念ではあります

    五山の送り火が行われる16日の午前中、供えたお供物を納めに本山・法堂にお納めます
    送り鐘を打ち夜の五山の送り火を待ちます

    DSC_0819
    五山の送り火はお御霊をお導きするあかりです
    決して観光目的の物ではありません

    お盆の期間中は殺生は禁物と教わってきました
    カブトムシ等は親から強制的に放すようにと言われます(盆の殺生はご法度です)

    門前町育ちの小生、子供の頃からの教えを今も忠実に守ってる昔人間です
    五山の送り火が済むまでは鮎釣りも絶対に行きません

    このページのトップヘ