もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

もりじぃの鮎友釣りⅡ イメージ画像

2019年09月

お彼岸前に秋の到来を告げてくれる彼岸花今年は告げてくれる日が2週間は遅れていました今日は一気に開花です、満開状況刈り取られた稲穂の黄色、あぜ道に生える色々な緑の葉その中に赤色が目立つ彼岸花、街中の信号の様な配色です※大きくしてください
『鮎の終盤を告げる』の画像

ブーツ・ソールを交換して長い間使っていた愛着の一品G社製・マジックテープ式で手間暇がかからず諜報をしていました解禁当初、秋口の水に冷たさを感じた時ドライタイツを使っていますドライに上手く適合してるピッタリの好感度ブーツ劣化が激しく気には、サイド部分が捲れ
『ブーツも知っていた・消費増税』の画像

お先祖さんには無礼千万は禁物 お寺さんの彼岸会に参列してきました 行き帰りには雨にあう、心はお寺で身は雨で綺麗に洗われました 綺麗になった身と心で、磯の匂いと浜風の中で鮎釣りが出来る川に今回も出掛けました 京都・大原・三千院を素通り 安曇川・朽木の谷口
『現地は雨じゃ・トンボ返り』の画像

台風情報、日本海を通過の予報雨・風も強くなる、雷さんも来られるとか高水、濁りなら最悪納竿を余儀なくされる、行くべきやで年券購入河川、2回目の挑戦(20日)に出陣です朝は少し涼しい、室内は16度です、長袖を羽織った道中、秋を感じるススキの穂と愛らしい萩の花に向え
『潮風を感じて・アユ釣り 台風前に納竿か?』の画像

日本海側の海産遡上が良くない前評判の悪い川の仲間か?湖産の大型を放流したと聞く、当初は掛からず敬遠していた安曇川・広瀬で十分楽しめていたからかもしれない今期は大雨で水は濁って高水の繰り返しが長く続く川でしたその後・吾輩もこの川の状況も聞くことは無かった、
『最終章・毎日の釣果良し『年券購入』』の画像

↑このページのトップヘ