もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    わからないことがあったらgoogle検索で

    2020年02月

    • カテゴリ:
    主催者から
    今回のセミナーの延期連絡が来ました

    3月15日迄の目安で政府
    新型『コロナウイルス』による肺炎
    拡大防止に向けた行事自粛要請

    早速、釣友と参加の申し込みをしていました
    一連の報道から小生も肺の持病があり、参加を躊躇していたのです
    中止ではなく延期、次回の予定日時を楽しみに待ちたいと願っています



    上桂川陸封アユセミナー
    期 日      2月 29日(土)13時(3時間)
    会 場      右京区役所・京北出張所  参加料・無料
    申込み・問合せ  1月31日~2月27日

    ※京都いつでもコール(催し名・氏名・ふりがな・☎・同伴人数)先着順
    上桂川漁業協同組合からも申し込み可能です

    開催者から
    今回セミナーを開くことになったのです

    是非 今から時間を調整して セミナーに参加してください
    驚く映像を見ながら 夢を語ろうではありませんか!
    DSC_1208

    北陸新幹線
    東京から大阪までの整備新幹線です
    金沢迄は2015年3月に開業しています

    金沢からの延伸
    敦賀(福井)迄125 ㎞ は 2022年度末に完成・開業目指し工事が進行中です

    敦賀からの延伸は同じく福井県「小浜市」を経由して南下する予定です
    ②ルートです、京都からは松井山手回りで大阪へ
    「北陸新幹線 延伸」の画像検索結果
    京都市内は地下の予定だとの記述もあります
    大切な水を必要とする伏見の酒蔵が集中している場所は回避、水脈が途切れると銘酒の製造が心配です

    小浜を南下をすると京都府南丹市美山町の通過は免れません
    京都大学の芦生演習林には数多くの貴重な植物が自生しています、国定公園の自然破壊も心配されます
    猛禽類の3月7月の2回の営巣調査も必要です

    南丹市・美山町在住者の話しでは、今期より地質調査が始まる予定との事です

    小浜市からは大飯町名田庄迄は田園、過ぎると京都市内までは山間部の連続でトンネルが必要!
    大きな川が2ヶ所あります 由良川の源流「美山川」桂川の源流「上桂川」トンネル化は無理でしょう
    架橋が必要です!

    釣り人が楽しく過ごせる開発を願うばかりです
    耳川・南川への影響が無いことも望みたい、吾輩の主戦場でもあります

    京都市内も掘れば各所で遺跡の出土が考えられます、出れば調査が必要になります
    全線開通には、長期の時間が必要でしょう!

    千利休等の茶人たちに愛された花としても有名です
    侘助椿です

    椿と茶木の雑種です
    古くから茶花として好まれています、侘(ワビ)寂(サビ)のある花の姿からこの名前が付いたらしい
    『侘助よ花の心は静寂か』の句もあります

    世界遺産「龍安寺」にも侘助椿の古木があります(紅侘助のようです)
    3月上旬~4月上旬に開花です
    桃山時代「侘助」という人物が朝鮮から持ち帰ったことで、このように名付けられたの記述があります
    秀吉によって賞賛されたと伝えられており、日本最古とも言われています

    侘助には下記の種類があるようです
    初雁(昭和侘助)  淡い桃色の花  一重のラッパ咲き
    白侘助       花は白色 小さく   一重のラッパ咲き
    紅侘助       鮮やかな赤色     一重咲き
    数寄屋侘助                  淡い桃色の花        猪口咲きの小輪
    太郎冠者侘助              ピンク                   猪口咲きの中輪
    胡蝶侘助

    我が家の紅侘助、毎年数多くの蕾を付けてくれています
    秋に蕾の剪定を行い、大きな花が開花する様な工夫もしています

    日に日に大きくなっていく蕾、開花を今か今かと待ちわびていました
    本日一番花が開花しました
    DSC_1210
    2番花も明日には開花でしょう
    DSC_1212
    蕾はたくさんあります、毎日が楽しみです
    花蜜を狙って、「メジロ」の夫婦が早くもやってきています
    花弁事口にする厄介者のヒヨドリもお出ましの事でしょう

    新型コロナウイルスの影響が観光に大きく響いている
    吾輩の居住地区、世界遺産の観光地も海外からの旅行者が激減です

    市民生活は平常に戻り地域住民にとっては嬉しい悲鳴ですが
    逆に観光業の土産物店等は悲惨な状況、窮地に追い込まれ死活問題との声も聞こえる

    龍安寺の駐車場、観光バスの駐車は1台、自家用車も数台でした
    仁和寺の大きな駐車場も自家用車が数台、閑古鳥が鳴いてます
    DSC_1164
    嵯峨・嵐山方面は如何なものかと足を延ばしてきました
    先ずはJR嵯峨野線・嵯峨駅
    北口を上がり2階の改札口、通路には人が居ません南口の小窓から嵐山方面を見てびっくりです
    歩くことすら不便を感じていた南口の道路はまばらな人、トロッコ列車は休みその影響か?
    DSC_1176
    南口を出ずに北廻りで清凉寺、二尊院、駐車場に車は無し
    人もいないぞ、落柿舎もまばらな人出です

    トロッコ列車の嵐山駅からは登り坂体力温存だ、ペースを緩める大河内山荘はパス
    竹林の小径を下る、以前なら足の踏み場も無い混雑、写真を納めるのもままならずの竹林でした
    今日はゆっくり、ゆったりと竹林の散策を楽しめました
    DSC_1187

    縁結び、子宝安産の神様「野々宮神社」
    ご利益を授かる人でお参りに以前は30分以上の時間待ちの列ができていました
    昨今は待ち時間が無くスムーズにお参りが出来ます
    DSC_1190

    竹林の小径を出た南北の通り、道路いっぱいの通行人を車が遠慮して走行していましたが
    今は皆無です
    DSC_1202

    欧米諸国、東南アジアの人と思われる観光客が中心でした

    天龍寺も観光バスは3台、自家用車は5,60台は入っていましたがゆったりと見られました
    DSC_1192
    大堰川の舟遊びボート、和船も岸に繋がれています
    DSC_1194
    渡月橋の南行・北行の混雑もありません
    人力車も着物姿の若者がほとんどの様でした、日本人の学生さんと思われる方が楽しく笑顔で乗っておられました、卒業の小旅行ですかね?
    DSC_1198

    DSC_1199
    観光名所・京都どこもかもスイスイですよ
    3月1日~22日迄・京都御所の一般公開が始まります
    8日迄は今日の冬の旅で各所の寺社で一般公開が行われています
    京都の観光は今でしょ・お勧めです

    • カテゴリ:
    年が明けても雪がありません
    渓流の解禁、2月に開いた福井県「南川」の谷筋にも雪はありません
    サビは無いようです、魚体の大きいのは望めていないようです

    稚鮎の遡上がチラホラ報告されています、暖冬で早まっているようです
    解禁日には大きく育って釣り人を喜ばしてくれると嬉しいですね?

    年明けより急ピッチで掛け針を巻き始めました
    手巻きで作業には時間がかかります、一歩一歩、の前身で多くが完成しました
    気に入った針が底をつき釣友に、その他いろいろ含めて依頼をお願いしていたのです

    フィッシングショーが終わり、鮎モードが本格化してきたようです
    ネットショップでも鮎用品が数多く出品される様に、賢く購入出来ました
    DSC_1171
    エアーポンプ
    昨年 2泊3日 の遠征を企て釣果をクーラーボックスで活かしていたのです
    翌朝、囮を取り出そうと蓋を開けてびっくりでした、全滅「シマッタ・やちっまたぜ!」

    20㎝クラスが24匹は入っていたのです、活かし缶(18㍑)では小さいと思い車載クーラーに
    移したのです(活かし用・移動用)

    クーラーの大きさは十分ですがエアーが足らなかった事での全滅で大損でした
    今期は業務用で容量の大きいエアーポンプの導入をと思い探してもらっていた品が入ったのです

    追加購入の針も急ピッチで仕上げにかかっています
    道糸・鼻環廻り等の各種作業も終盤に入り、万全を期す体制で完成品が出来上がりつつあり
    お医者さんからは『体のお墨付き』も貰い、解禁が待ち遠しい年になりそうです

    このページのトップヘ