もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

もりじぃの鮎友釣りⅡ イメージ画像

2020年03月

娘二人からライン・TELで「大丈夫・元気」と定期的に連絡が入る我が夫婦、肺に基礎疾患が有るので心配してくれています教員をしている娘から、学校関係者で基礎疾患がある人は休みを義務づけられるとか!不要不急の外出は控えています外出から帰れば、真っ先に消毒液を使って
『大丈夫・元気かい・チエックが!』の画像

鮎を始めた頃は自宅に持ち帰っていました川魚を好まない我が家、ご近所にお裾分けして喜んでもらっていたのです!ある日、釣りを終え囮店に戻りました鮎漁師の師匠はいつもの様に囮店に納入、他の漁師さんの釣果が少なく納入数量が不足らしい小生に師匠から声が掛かる、師匠
『掛け鮎・囮店が引き取ってくれる!』の画像

昨日は最高のお天気でした終日自宅にこもっていました本日は朝から雨自宅の椿は落下盛んでメダカ用の火鉢に近隣の特別養護老人ホームの染井吉野です月曜日は2輪が顔を出していました今日の雨でも・元気に一挙に五分咲きに開花です
『雨でも桜・元気に開花』の画像

釣友から前日、ラインで電話が入ってきました明日の午後からの予定を聞かれる、特に外出予定は無いと返事をしたピーンポンとチャイム 釣友のおでまし、おでましです玄関の戸を開けると手には可愛い袋をさげてのご来訪、なんじゃこりゃ可愛すぎる「おっちゃん」が箱を開けた
『病に勝った祝いに!』の画像

出生時からの重い持ち物 慢性腎炎(iga腎症) 、難聴にも襲われ15年前に身障者の認定が出ました身障者のステッカーを張っています、追い越し車も色々、あおる車も決して少なくない高齢に入り肺がん、大腸がんに見舞われ満身創痍の体に!慢性腎炎(iga腎症) 現在の主治医には30年
『鮎用品新調・元気に鮎釣りしまっせ!』の画像

↑このページのトップヘ