もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    2020年06月

    • カテゴリ:
    今更ですが!
    京都上桂川の解禁日が21日(日)に空きました
    前々日、前日に豪雨に見舞われました、解禁日の水量は平水より60㎝高く濁りもありました

    例年人気の場所は前日からの場所取りが始まっていたようです
    「今か今か」と着替えも済ませて夜明けを首を長くして待つ釣り師さん

    各地の川、安曇川・朽木漁区、広瀬漁区は増水濁りで釣り不可
    美山川も上流の一部のみ釣り可能の情報が釣り師には入っていたのだろう
    上桂川に釣り師が集中したようです

    竿1本分を開けてのルールがままならない様な釣り師の数であったようです
    人気の釣り場への場所変わりが出来ず大変な思いの解禁日だったようです
    上流左岸には車が溢れています

    鵜さんからの情報釣果です
    予想外の人だらけで動けませんでした、ストレスをたっぷりた貯めてきましたと
    次回ご期待をとラインが届きました

    1592744367291
    釣果です、数は定かではありませんが写真から判断すると50匹は入っているようです
    彼の技量なら動けたら釣果はこのような数ではと推測できます 
    1592744375798
     上桂川「デカイ」ともラインに報告です
    1592744371670
    解禁日に下流の宇津で90匹があったとの記述があります

    思えば師匠から外れた昔のある年の事です
    小生、解禁二日目に88匹を掛けたのも下流の柏原でした、34.000円もありました

    地元の『すし米』大を20匹のみでした、京都嵐山『天ぷら松』に走り残りを全部を取ってくれました
    未だに釣果を破れません、忘れることが出来ない思い出です

    詳細は上桂川漁協のホームページをご覧ください
    http://www.kamikatsura.info/

    女房・一昨年事故に遭遇しました
    新車購入、6ヶ月点検前の出来事です

    女房から事故にと携帯に入り、すぐ来ての連絡がありました
    現場の府警の事故処理の警察官からも、直ぐに現場に来るようにと要請の連絡が来る
    現場までは45分ほどかかりますと返事した

    車を見てビックリです、車は、反対車線の自販機に突っ込み前は大破している
    エンジンが真っ二つに割れています、エンジンオイルが道路一面に作業車が来てました

    エアーバックが運転席・助手席の二ヶ所が作動した大きな事故で全損の判断です
    命を持っていかれても不思議では無い事故、エアーバックが助けてくれました

    DSC_0131
    優先道路を走行中の事故でした、一旦停止の表示無視の右折車が速度超過で侵入です
    新幹線の橋脚で見通しの悪い場所でもあり女房は制限速度で走行中でした

    車の移動の処理です、水曜日で定休日・担当の営業マンに連絡、処理の手配を頼んだ
    営業マンも定休日にも関らず現場に飛んで来てくれた

    ドライブレコーダーでも鮮明に事故確認が出来ました
    府警の事故処理、相手側の一旦停止確認無視が事故原因の判断が下されています

    救急車で病院に運ばれました、幸い外傷はありませんでした
    病院で諸検査をしましたが打撲だけで軽傷の所見です
    翌日、両胸は真っ黒にビックリですこれでも軽傷なんですね?

    相手の人は若い人で会社の車で勤務中とのことでした
    翌日、相手側の運転者と会社の担当部長さんがお見舞いの訪問がある

    運転者・涙を流し一旦停止無視で僕が悪いんですと平身低頭のお詫びでした
    部長さん、しっかりと対応してもらうように保険会社に話します
    デイラーの営業マンも偶然に来訪してました、話は別部屋で聞いています

    さてさて・保険会社の対応です
    遠方の病院に運ばれ当方の近くの医院に変更を依頼しました、嫌な返事で変更は承諾した

    事故の経過も1年を迎えましたが一向に良くならない状況、鍼灸接骨院でのマッサージ受診の
    依頼を保険会社に連絡、返事は『今更』との返事、なにと返事に対応する、認めた

    鍼灸接骨院には連絡を入れた、しかしその後の処理が出来ずじまいで鍼灸接骨院に書類が届かず
    当方にお叱りを貰った、保険会社に連絡をするも届かず

    本年の2月に初めて保険会社から連絡が入る、お伺いをしたいと、了解した
    事故後一度たりとも保険会社からの連絡は無かった『今更』と当方が言いたい

    約束の日に保険会社が来た、ウダウダと話し込む、鍼灸接骨院への書類送付を再度依頼した
    一年経過で治療を切りたい意向が有りありと伺える

    「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」最後に担当医院に出してくださいと言って帰る
    いったい何しに来たか分からん話しや、示談の話なら応じてもかまわんの気持ちが薄れた
    95の事故の判断が既にでています

    今更
    の言葉でカチン・保険会社の本社にクレームを入れた事がある
    支社・担当氏名は暴露せずにした、親心じゃ

    一年半の間、先方の保険会社からお加減は如何ですかの電話は一度も無い
    当方の保険会社からは3月事にお加減はの電話が入る、えらい違いですは!

    女房の友人から
    連絡が入った、用件は鍼灸接骨院への書類が未だ届かず連絡してあげて

    吾輩、保険会社と話をしたく無い気持ちが大きい
    当方の保険会社の担当者にアドバイスを貰う為連絡を入れてみた

    先方の保険会社の担当者に連絡を入れて見ますの返事を貰う、安堵の気持ちが大です
    デイラーの営業マンにも連絡を入れていた

    当方の保険会社の担当者から返事を貰う
    鍼灸接骨院への書類はコロナの為遅れていましたの返事が有ったようです
    『今更コロナで逃げるな』と言いたい奴や
    営業マンにはお礼を、早速鍼灸接骨院には連絡を入れた
    デイラーの営業マン、自社提携の保険会社の担当者に連絡を入れていて貰った

    誠意のない対応には真っすぐな気持ちをぶっつけて示談に望む覚悟が出来た
    この古木のように!
    DSC_1429

    • カテゴリ:
    『室田正』京都・上桂川が主戦場の京都RFC所属のメンバーであった
    一世風靡した鮎の世界のレジェンド

    京都府北桑田郡京北町細野の生れ
    ※現在は京都市右京区京北町細野

    室田バージョン名のオリジナル竿を発売、ヒット商品でもあった(重量が?重い)
    スパイラル釣法をあみ出しだしたのも彼です
    鮎のプロ協会を創設したのも彼らの発案だったと聞いています

    京都RFCのメンバーとして現在も多くのトーナメンターが在籍されています
    木村了白氏(和尚さん)が現在の会長を務まられています

    小倉吉弘・均兄弟、安井雅彦氏等々、芦田次義氏は上桂川漁協の組合長です
    高橋祐次氏も在籍していました
    鮎の全国大会を制覇した数は数え切れない京都RFCです

    室田氏のRFCのブルーの半纏姿で川を攻める姿に憧れて、RFCの入部は恐ろしく、安曇川朽木のブルーの半纏・AFC(安曇川荘)に入部したのを覚えています
    室田を追い付き追い越せと頑張って精進してきましたが未だに叶いません

    京都を巣立ち、飛騨宮川の鮎を全国に広めようと頑張っている情報が届いています
    彼は飛騨の地『宮川』を永住の地に決めたようです
    応援してあげてください

    「飛騨のあばれ鮎」ブランド化 

    https://www.furusato-tax.jp/product/detail/21217/4657380

    昨日の美山川
    天気は青空が覗く良い天気
    水は平水より・60㎝は高いが濁り無し

    狙い目は皆さんと同じで釣り人が多いと
    追いが渋く釣果伸びずで四苦八苦した、名手『鵜さん』

    朝は垢が残っている大きい石が点在する背を狙ったとか
    先客が居る居る、ぜんぜん掛からず場所をかわる

    昨日・ひまわり囮店・店主がたくさん掛けた場所はでは無さそう?
    1592273444409
    少し下流の黒田橋に場所移動をしたと
    橋の上流右岸側、大石廻りの150ⅿ間は型は大きかったようです、下流は小さかったよう
    下流には鮎を補給する淵があり、上は岩盤地帯で垢も残る人気場所なんです
    1592302498509
    一日頑張られました、釣果は伸びなかったと報告を貰いました
    高水で追いの渋い日でも名手ならではの釣果です
    型も大きいのは20㎝オーバーもいましたと
    1592302516241
    親切にも帰りにお土産です
    貴重な15㎝~18㎝を5匹を頂戴しました、感謝です
    DSC_1433

    • カテゴリ:
    昨日の昼前、知人宅前でバッタリ出会う、珈琲よばれて雑談を
    今にも川に行く様な準備万端の車が、聞くと美山は高水で友釣りは無理と言われたと!

    谷口氏に安曇川の状況を聞いた、電話に出るなりOKの返事が
    詳細を尋ねた、本流は無理やが支流の北川は友釣り可能と言うやないか!

    支流・北川は13日(土)に解禁、増水と濁りで入川場所は少々でしたと!
    今日は狙い目と挑発?

    美山川・ひまわり囮店から夜にラインが
    高水でも掛かりまっしたと画像が添付、これまた釣りに来なはれと挑発か?
    1592218861980
    生まれ育った美山川、甘いも辛いも知りすぎてる川でっしゃろ!
    増水・垢が飛んだ場所は承知の上での入川、我らの手では及びませんし体力も無い

    今日16日の朝、濁りは無いが平水からは60㎝の高水、引水で状況は最高かもしれません
    日が差して水温も上昇する可能性は高い、当たれば好釣果が見込める
    今年の鮎は断念してます挑発には屈しません

    このページのトップヘ