神輿の会から担ぎ手の要請
尺が出ていた鮎、神輿の方にケジメのチェンジが遅れました

今季最初のお神輿の担ぎ手のお手伝いが出来ました
京都駅南口を西に500mの新幹線の高架橋南側に六孫王神社です
DSC_1009
我らの神輿会10時半の集合が掛かりました
2台の車に10人が分乗してお手伝いに向かいました、25分程で到着です
軽めの昼食を済ませました、13時の出発予定です、巡行距離は7㎞程だと思う

『お御霊』を本殿からお神輿にお移り頂く厳かな儀式が行われます
宮司も白装束、我々は被り物をはずしひざまずいて諸策の終わりを待ちます

お神輿に御移りになった『お御霊』我らの手で氏子中を五穀豊穣、家内安全を願って清めに廻られます、そのお手伝いがお神輿の担ぎ手の役目です

神社境内では小さな子供さんが太鼓、旗を使いお神輿を迎えてくれました
答えるように境内を数回『ホイットホイット』の掛け声勇ましく神輿を練りました
鳥居を潜り、いよいよ氏子中を練り歩きます

大宮道りを南に東寺の正門前で小休止です
東寺の五重塔と神仏いったいに見えます
DSC_0998
神仏いったいは此方のお寺さんでも
和尚さんが念仏を唱えられます
雨が降り始め、お神輿保護でカッパが掛けられました
DSC_1001
一度神社に戻り、遅い昼食を済ませ再び氏子中を練りました
細い道路では『ようた・ようた』の掛け声がかかります、ゆっくりいきましょの意です

一番の見どころは国道1号線・京阪国道口交差点です
交差点内で豪快にお神輿をさし上げ『ホイットホイット』とい、回せ・回せの掛け声でお神輿をさし上げたまま回します、担ぎ手も一番の見せ所と頑張ります

元気に楽しくお手伝いができました、神輿こぶが大きくなったなぁ
小生の地域のお神輿担ぎは直ぐそこにきています
DSC_1005
神事フェスティバルになっている気がします?
神社では2礼2拍手でお参り、お神輿に手を合わす人は僅かで残念でなりません

別の神輿会の人にもその旨を話しました、小生と同じように思ってられました
担ぎ手が神事の啓蒙を伝えていく役目があるように思えてなりません