京都大学医学部附属病院
六年前の肺がんの術後に血栓が脳に飛び目に異常が、検査の結果特に異常は無かった

その後目眩が続き耳鼻咽喉『めまい』科で三ヶ月に一度検診中
・聴力検査・前回とほぼ変わらず、眼球検査も変化なし
特に異常は無い所見ではあるが念の為『内耳』MRを撮ります、押し迫った末に結果受診

地域医療医院
毎年、胃・大腸検査
・少々胃の荒れは見られる、ポリープも小さく異変状態ではない所見
・組織検査の結果も異常変はない所見

大腸内視鏡検査
・術後の特定場所に異常は無し、ポリープ等も無いとの所見
検査結果は、京都府立医科大学病院・消化器外科に報告されます、地域医療提携医との提携です

京都府立医科大学病院・消化器外科
※本年5月のCT検査から
明らかな局所再発を疑う所見は指摘できません
指摘されていた吻合部近傍の腫大リンパ節は縮小をしています
その他に撮影内に有意なリンパ節腫大は指摘できません

『診断結果』
吻合部近傍のリンパ節は縮小を維持、明らかな再発、転移を認めません

Iga腎症
年齢的な低下は見られるが検体検査、尿検査から今月も良好所見
塩分を控えお肉を十分に摂るようにとアドバイスを受けました
大腸を36㎝切除、栄養分の摂取が必要課題だと!!足腰が!!とも言われる

Iga腎症40年・右腎臓動脈の狭窄
狭窄は進んでいません、6ヶ月事の定期検診で確認してもらっています

肺がん術後6年・大腸がん術後4年6ヶ月でほぼ転移は無いだろうとお墨付きを
大きな手術を2回、その他にも持病、元気やとお褒めを貰う

大きな病院での検査、信頼関係を保ち健康維持に努めています
来期も川で元気な姿で皆さんにお会楽しみでのが楽しみです

RI腫瘍マーカー検査でも基準値未満の結果が出ています
CEA      2.4 ng/ⅿL     基準値    5.0 ng/ⅿL   未満
CYFRA  ※   3.4    ng/ⅿ       〃        2.2 ng/ⅿL 未満
DSC_1064