二十四節気・立春です、気温は三月の中旬とか!
着るものも一枚少なくしました

月末に胸部~骨盤迄のCT検査をしました
2015年5月20日に腹腔鏡下結腸右半切除術(大腸がん)を行いました

2013年10月10日に肺の右下葉(肺がん)を切除して1年半目の2度目の手術でした
肺がんは6年を経過して医師からお墨付きを過日頂戴してました

少し早い5年目の所見を聞くための主治医との受診です
CT検査、生化学検査、血液検査の結果を主治医から説明を受けました

CT検査報告書
明らかな再発病変を認めません
リンパ節に有意腫大を指摘できません
肺転移を疑うような結節を認めません

生化学検査マーカー
CEA-ECLIA    2.6  (上限値5.0ng/ⅿL)
CA19-9ECLIA   6.0  (上限値  37U/ⅿL)
何れもマーカー内の数値でした
以上の観点から今後の定期的な受診は免除と相成りました
吾輩にも待ちに待った春が訪れてきました

手足口の痺れは残っていますが抗がん剤の投与で毛細血管が異常を起こしました!
抗がん剤のおかげで転移は無かったと思い痺れとお付き合いしていきます!

ご心配いただいていた方々の応援で頑張ってこれました、厚く御礼を申し上げます
元気にお会いできるシーズンを首を長くして待ちます