千利休等の茶人たちに愛された花としても有名です
侘助椿です

椿と茶木の雑種です
古くから茶花として好まれています、侘(ワビ)寂(サビ)のある花の姿からこの名前が付いたらしい
『侘助よ花の心は静寂か』の句もあります

世界遺産「龍安寺」にも侘助椿の古木があります(紅侘助のようです)
3月上旬~4月上旬に開花です
桃山時代「侘助」という人物が朝鮮から持ち帰ったことで、このように名付けられたの記述があります
秀吉によって賞賛されたと伝えられており、日本最古とも言われています

侘助には下記の種類があるようです
初雁(昭和侘助)  淡い桃色の花  一重のラッパ咲き
白侘助       花は白色 小さく   一重のラッパ咲き
紅侘助       鮮やかな赤色     一重咲き
数寄屋侘助                  淡い桃色の花        猪口咲きの小輪
太郎冠者侘助              ピンク                   猪口咲きの中輪
胡蝶侘助

我が家の紅侘助、毎年数多くの蕾を付けてくれています
秋に蕾の剪定を行い、大きな花が開花する様な工夫もしています

日に日に大きくなっていく蕾、開花を今か今かと待ちわびていました
本日一番花が開花しました
DSC_1210
2番花も明日には開花でしょう
DSC_1212
蕾はたくさんあります、毎日が楽しみです
花蜜を狙って、「メジロ」の夫婦が早くもやってきています
花弁事口にする厄介者のヒヨドリもお出ましの事でしょう