もりじぃの鮎友釣りⅡ

鮎の友釣り、現役で頑張っています。 御神輿の担ぎ手で御奉仕、鮎の解禁まで 秋はどこかでホイット、ホイットのかけ声勇ましく楽しんでいます。 日々の出来事等も共にアップロードしています。

    • カテゴリ:
    今更ですが!
    京都上桂川の解禁日が21日(日)に空きました
    前々日、前日に豪雨に見舞われました、解禁日の水量は平水より60㎝高く濁りもありました

    例年人気の場所は前日からの場所取りが始まっていたようです
    「今か今か」と着替えも済ませて夜明けを首を長くして待つ釣り師さん

    各地の川、安曇川・朽木漁区、広瀬漁区は増水濁りで釣り不可
    美山川も上流の一部のみ釣り可能の情報が釣り師には入っていたのだろう
    上桂川に釣り師が集中したようです

    竿1本分を開けてのルールがままならない様な釣り師の数であったようです
    人気の釣り場への場所変わりが出来ず大変な思いの解禁日だったようです
    上流左岸には車が溢れています

    鵜さんからの情報釣果です
    予想外の人だらけで動けませんでした、ストレスをたっぷりた貯めてきましたと
    次回ご期待をとラインが届きました

    1592744367291
    釣果です、数は定かではありませんが写真から判断すると50匹は入っているようです
    彼の技量なら動けたら釣果はこのような数ではと推測できます 
    1592744375798
     上桂川「デカイ」ともラインに報告です
    1592744371670
    解禁日に下流の宇津で90匹があったとの記述があります

    思えば師匠から外れた昔のある年の事です
    小生、解禁二日目に88匹を掛けたのも下流の柏原でした、34.000円もありました

    地元の『すし米』大を20匹のみでした、京都嵐山『天ぷら松』に走り残りを全部を取ってくれました
    未だに釣果を破れません、忘れることが出来ない思い出です

    詳細は上桂川漁協のホームページをご覧ください
    http://www.kamikatsura.info/

    • カテゴリ:
    『室田正』京都・上桂川が主戦場の京都RFC所属のメンバーであった
    一世風靡した鮎の世界のレジェンド

    京都府北桑田郡京北町細野の生れ
    ※現在は京都市右京区京北町細野

    室田バージョン名のオリジナル竿を発売、ヒット商品でもあった(重量が?重い)
    スパイラル釣法をあみ出しだしたのも彼です
    鮎のプロ協会を創設したのも彼らの発案だったと聞いています

    京都RFCのメンバーとして現在も多くのトーナメンターが在籍されています
    木村了白氏(和尚さん)が現在の会長を務まられています

    小倉吉弘・均兄弟、安井雅彦氏等々、芦田次義氏は上桂川漁協の組合長です
    高橋祐次氏も在籍していました
    鮎の全国大会を制覇した数は数え切れない京都RFCです

    室田氏のRFCのブルーの半纏姿で川を攻める姿に憧れて、RFCの入部は恐ろしく、安曇川朽木のブルーの半纏・AFC(安曇川荘)に入部したのを覚えています
    室田を追い付き追い越せと頑張って精進してきましたが未だに叶いません

    京都を巣立ち、飛騨宮川の鮎を全国に広めようと頑張っている情報が届いています
    彼は飛騨の地『宮川』を永住の地に決めたようです
    応援してあげてください

    「飛騨のあばれ鮎」ブランド化 

    https://www.furusato-tax.jp/product/detail/21217/4657380

    • カテゴリ:
    昨日の昼前、知人宅前でバッタリ出会う、珈琲よばれて雑談を
    今にも川に行く様な準備万端の車が、聞くと美山は高水で友釣りは無理と言われたと!

    谷口氏に安曇川の状況を聞いた、電話に出るなりOKの返事が
    詳細を尋ねた、本流は無理やが支流の北川は友釣り可能と言うやないか!

    支流・北川は13日(土)に解禁、増水と濁りで入川場所は少々でしたと!
    今日は狙い目と挑発?

    美山川・ひまわり囮店から夜にラインが
    高水でも掛かりまっしたと画像が添付、これまた釣りに来なはれと挑発か?
    1592218861980
    生まれ育った美山川、甘いも辛いも知りすぎてる川でっしゃろ!
    増水・垢が飛んだ場所は承知の上での入川、我らの手では及びませんし体力も無い

    今日16日の朝、濁りは無いが平水からは60㎝の高水、引水で状況は最高かもしれません
    日が差して水温も上昇する可能性は高い、当たれば好釣果が見込める
    今年の鮎は断念してます挑発には屈しません

    鮎釣りの情報が刻々と入ってきています
    雨が降らず、減水で四苦八苦の様子も伝わりました

    小生のホームグランド京都・美山川でも平水より25CMの減水が続いた解禁日になりました
    試し釣りの情報通り、上流部に釣り人が集中していた様です
    特にかやぶきの里周辺から上江和間での釣果が良かったようです
    梅雨入りであめの期待も出来ます、鮎師待望の雨に成ればいいのですが

    釣友『鵜さん』から解禁日の初物が届き、夕食の一品に食卓を飾りました
    型は大きいのが18CMになっていました、味も昨年より良さそうな感がしました
    稚魚購入先の変更が寄与しているのかもしれませんね!
    DSC_1426
    コロナの奴が感染拡大に火をつけて諸事を急変させました
    基礎疾患持ちの吾輩夫婦には外出が最大の敵でもあります

    小生は今期の鮎釣りは断念しました
    川は気にはなりますが行こうとは思いません

    何時まで続くか分からんコロナの奴に気持ちを切り替えるには心の癒しも必要と考えました
    女房の主治医に癒しの方法を尋ねた『ストレス』要因が発生原因の女房の病いです

    癒しは大いに必要と先生、別の患者さんは『ワンちゃん』を飼われたと
    娘二人にも同様に癒しの方法を尋ねた、彼女たちもワンちゃん飼ったらとの答え

    ワンちゃんを飼うことに決めました
    保護犬と思い、ホームページを開いたら高齢者には譲ってもらえない記載がありました
    娘の家には各々可愛いワンちゃんが家族同様に飼われたています

    長女の家には『あんり』が
    1591785246632
    次女の家には『雨』が
    1591784578942
    ワンちゃんも10年~20年は家族の仲間です
    吾輩夫婦より長く生きる力があります、その時はいずれかの娘の御家にお輿入れします
         コロナの奴が高額起因
    女房の希望するワンちゃんを探していますが高額で手が出ずじまい
    業者、知人等に間口を広げて探していますが吉報は未だ届きません
    癒しの為にワンちゃんが寄与と販売業者が言う

    • カテゴリ:
    朝は冷えました
    午後の試し釣りの時間帯は晴れて気温も上昇の良い試し釣りが出来たようです

    二人の若い理事が竿を出しました(各所20分間)
    黒田橋(江和)・12匹、北野赤橋(かやぶきの里)・12匹、安野橋・4匹、松ヶ丘大橋・4匹
    1590743245428
    ※漁協の情報では解禁当初は髙松橋より上流がの記述があります
    ※下流域は鮎が出来上がっていないようです
    ※解禁日までの期間に雨に叩かれれば状況も⁇
    ※昨年の様な群鮎も少なさそうの情報も有ります

    追星もくっきりの元気なあゆに育っています
    型も平均17㎝のきれいな状態の鮎です、最大19㎝でした
    1590743276974

    1590743539076
    解禁日が楽しみの美山川です
    ※ 特に良い場所は内緒です

    このページのトップヘ